たけしの家庭の医学【ビタミンB】食材は心臓や血管によかった!

心筋梗塞にいい栄養素が2017年11月14日放送のたけしの家庭の医学で紹介されました。

ずばりその栄養素はビタミンBです。

栄養素ビタミンBといえば
肌にいい
疲れない
ニキビ
口内炎
という効果が有名ですね。

血管の老化を防止する可能性がわかったのです。



血液中のビタミンBの量と、血管の老化を調査。

7名調査。

ビタミンBをよく食べている人ほど、血液中のビタミンBも多いのです。

56歳の男性が最も多かったのです。

血管年齢の測定も行うと・・・それも比例していたのです。

つまり、ビタミンB量が多い人は血管年齢も若かった!

ビタミンBはどんな食材に含まれているのか?

徳島大学の佐田先生。心臓病に革命的な治療をしてこられた先生です。

ビタミンBは心筋梗塞のリスクが半分になります。

血管を守ってくれるんです。

 

ビタミンBが多い食材は

豚肉
赤見の魚
たらこ
納豆
大豆
レバー

ほうれんそう
鶏肉
イワシ
唐辛子
さんま
あさり
アスパラ
ブロッコリー

似た働きがあるものをビタミンB群という。

ビタミンB1
B2
B6
B12
ナイアシン
パントテン酸
葉酸

 

その内、3つ

B6
B12
葉酸

が心臓病に良い。

 

その3つのビタミンBがバランスよく豊富に全部しっかり含まれている食材があるのです!

 



たけしの家庭の医学で検証したのは、血液検査でビタミンBが多かった豊泉朝子さん(56歳)画家。

【朝食】
ヨーグルト
バナナ
ケール
はちみつ
ココア
豆乳
調味料

ミキサーにかけると『野菜スムージー』ができました。

この朝食だとビタミンB12だけは少なかったのです。

【昼食】
玉ねぎ
カリフラワー
ブロッコリー
パプリカ
キャベツ
じゃがいも
にんにく

これをタジン鍋で蒸し焼き料理。

しかしこれもビタミンB12だけ少なかったのです。

【夕食】

焼き魚(あじ)
味噌汁
(豆腐、しめじ、たまねぎ)
ほうれん草のおひたし
胚芽米のご飯
鶏レバーの煮物
きゅうりの漬物

レバーこそ3つのビタミンBをバランスよく含む食材だったのです!

 

 

3つのビタミンBは体内に入り血管老化物質を撃退します。この3つがないと撃退できないのです。

しかし

レバーは好き嫌いが別れる食材なので、食べれない人もいますよね。

でも大丈夫です!

他にも3つのビタミンBをバランスよく含んだ食材がありました。

それはのりだったのです!!!

↓けっこう高い『のり』はお得に購入しましょう↓

 


ビタミンBをたっぷり含んだサプリもあります。

ダイエット効果もあり、栄養素もしっかり補給できる一石二鳥のサプリなので安心です。

(たんぽぽや橋本マナミさんが使っていることでも有名)

こちらの
>>酵水素328選 生サプリメントです

私が知るかぎり、これだけビタミンBを十分に含んだサプリはありません。^^

こちらの記事にも書いています
タンポポ白鳥 酵素ダイエットで3ヶ月後に12.7キロ痩せてた!

 

ビタミンBって精神的にも疲労感にもとっても大事な効果があるので、特に40代を過ぎたらしっかり摂取しましょう。

 

関連記事