エイズ感染が九州で激増中!人数や県別数、感染経路は?について

九州でエイズ感染急増!!

 

感染経路は、外国からの持ち込みも一因!?

専門家は、感染者の多いアジアとの往来が増えてウイルスが持ち込まれるケースもあるといわれます。

熟年旅行でその中国に出掛け、現地で買春して感染し、日本で病気をばら撒

その他には、感染原因は同性間性的接触も多い。

 



九州のエイズ感染者 県別の増加率!

福岡県のエイズ感染者数の伸びはエゲツないですね!

2015年と2016年のエイズ感染者数を比較して、61%増加していたということ。

 

日本のエイズ感染者は減少か横ばい傾向にあったのですが、九州でここ数年中に激増していました!!

これは危機的状況であるといわれます。

2016年
福岡県のエイズ患者数92人(過去最高数)

熊本県のエイズ患者数19人(過去最多数)

佐賀県のエイズ患者数9人(過去最多数)

 

年代は40代や50歳以上が増加しています。

いったい九州で何が起こっているのか!?専門機関では『より効果的な予防啓発が必要だ』と考えられています。

 

知らない間にエイズに感染している人が多い日本

こちらにわかりやすい動画があります。

2分30秒くらいで見れます

 

 

エイズ(HIV)の簡易検査は自宅で簡単にできます!

今は自宅で簡単にエイズ検査が受けられます。



 

 

 

慰安旅行先もエイズ感染の面でも慎重に考えないといけませんね・・・

 

エイズや性病の検査で有名な『予防会の郵送検査キット』がこちら
↓↓↓


もしかしてと思ったら、まずは郵送検査でチェック!
◯自宅でカンタン、安心の匿名検査!
◯ 症状から性感染症(STD)をチェックできる診断チャートをご用意!
◯結果はパソコンや携帯で確認が可能です!

大切なのは早期発見です。
⇒悩む前に検査。匿名検査なので安心!

増加する性感染症(STD)感染者、早期発見・早期治療が大切!

性行為によって感染する性感染症(STD)感染者が増加しています。

性感染者数はここ4~5年で急増し、国内感染者数は600万人、毎年60万人が感染していると推定されています。

代表的な性感染症であるクラミジア感染症は、20代前半女性の16人に1人、10代後半女性の21人に1人が感染しているとの報告もあります。

 

特にクラミジア感染症は自覚症状が出にくく、知らない間に感染し、知らない間に他人へ感染させてしまいます。治療をしないで放置しておくと、不妊症の原因になる可能性や出産時の母子感染の可能性もあります。

 

HIV(エイズ)感染も性感染症です。

先進国でHIV感染者数が増えているのは日本だけです。


クラミジアなどの性感染症に感染していると、HIVに感染する危険度が3~5倍高くなるといわれています。

 

今や性感染症は、特別な人たちがかかる病気でなく、誰がかかっても不思議でない病気になっています。心配な時は、まず検査を受けることが大切です。

 

自宅で簡単に検査できる方法


◆自宅で誰にも知られず簡単に検査できる!予防会の郵送検査キット◆

性感染症(STD)の郵送検査は予防会におまかせください。

 

予防会は、性感染症(STD)に特化したクリニック運営を通じて積み重ねてきた数多くの実績があります。

郵送検査も10年に渡る実績あり。検査だけでなく治療までしっかりサポートします。

「もしかしたら・・・?」

「あの時・・・?」

「でも病院に行くのはちょっと・・・」

 

というあなたに
自宅で誰にも知られずにできる性病検査、
それが予防会の郵送検査です。

 

◆商品紹介

 

症状から性感染症(STD)をチェックできる診断チャートをご用意。性感染症(STD)の症状や特徴など詳細に説明しています。

検査キットは女性用と男性用があります。

 

女性用HIV検査で一番人気(おすすめ)はこちら

 

男性用HIV検査で一番人気(おすすめ)はこちら

 

まずは自分で確認したい方に最適です。

各STDについての検査キットもありますが
一度に複数のSTDを検査できるキットが人気です!

もちろん匿名検査が可能です!

 

 

  • 「もしかしたら」と不安に感じている方
  • 忙しくて病院に行く時間がない方
  • ブライダル前
  • マタニティーチェック

として
検査結果は検査受付後2日~4日を目安にネットで確認できます。

 

◆3つの安心

・保険証は不要
記録に残ることはありません。安心してご注文ください。

・受取方法を選べます
受取方法は、「ポスト」「自宅」「ヤマト営業所」から選べます。

 

・中身が分からない荷姿
中身がわからない箱に商品名は「プラスチック容器」と記載されます。差出人も個人名に変更できますので、
誰にも知られずにお届けします。

 

ニュースで性感染症(STD)の増加が取り上げられています。
YesNoで答える診断チャートなど使いやすいサイトになっています。

 

大切なのは早期発見です。
⇒悩む前に検査。匿名検査なので安心!詳しくはこちらから

 

エイズ治療の九州ブロック拠点病院はここ!

九州は福岡市のヤフオク!ドーム近くにある『国立病院機構九州医療センター』が拠点病院となっていますので、感染者や患者はこちらで治療させることが有効です。

エイズの福岡県でも増加がさらに九州各県に広がる可能性も高く、注意喚起と簡易検査の呼びかけが今後 行われるでしょう。

「実際の感染者は報告よりもかなり多いはずだ」と言われています。