エイズ感染が九州で激増中!人数や県別数、感染経路は?について

九州でエイズ感染急増!!

 

感染経路は、外国からの持ち込みも一因!?

専門家は、感染者の多いアジアとの往来が増えてウイルスが持ち込まれるケースもあるといわれます。

熟年旅行でその中国に出掛け、現地で買春して感染し、日本で病気をばら撒

その他には、感染原因は同性間性的接触も多い。

 

スポンサーリンク


九州のエイズ感染者 県別の増加率!

福岡県のエイズ感染者数の伸びはエゲツないですね!

2015年と2016年のエイズ感染者数を比較して、61%増加していたということ。

 

日本のエイズ感染者は減少か横ばい傾向にあったのですが、九州でここ数年中に激増していました!!

これは危機的状況であるといわれます。

2016年
福岡県のエイズ患者数92人(過去最高数)

熊本県のエイズ患者数19人(過去最多数)

佐賀県のエイズ患者数9人(過去最多数)

 

年代は40代や50歳以上が増加しています。

いったい九州で何が起こっているのか!?専門機関では『より効果的な予防啓発が必要だ』と考えられています。

 

エイズ(HIV)の簡易検査は自宅で簡単にできます!

今は自宅で簡単にエイズ検査が受けられます。

価格も2000円代でできるので気軽に今すぐ検査できます。

 

慰安旅行先もエイズ感染の面でも慎重に考えないといけませんね・・・

 

エイズや性病の検査で有名な『STDチェッカー検査キット』がこちら
↓↓↓


【好評です!】 クラミジア、エイズなど・・・自宅でカンタン、匿名検査!
◆性病検査 STDチェッカー◆
検査結果はセキュリティサイト(パソコン・携帯)で確認。プライバシー対策万全です!




増加する性感染症(STD)感染者、早期発見・早期治療が大切!

性行為によって感染する性感染症(STD)感染者が増加しています。

性感染者数はここ4~5年で急増し、国内感染者数は600万人、毎年60万人が感染していると推定されています。

代表的な性感染症であるクラミジア感染症は、20代前半女性の16人に1人、10代後半女性の21人に1人が感染しているとの報告もあります。

 

特にクラミジア感染症は自覚症状が出にくく、知らない間に感染し、知らない間に他人へ感染させてしまいます。治療をしないで放置しておくと、不妊症の原因になる可能性や出産時の母子感染の可能性もあります。

 

HIV(エイズ)感染も性感染症です。

先進国でHIV感染者数が増えているのは日本だけです。


クラミジアなどの性感染症に感染していると、HIVに感染する危険度が3~5倍高くなるといわれています。

 

今や性感染症は、特別な人たちがかかる病気でなく、誰がかかっても不思議でない病気になっています。心配な時は、まず検査を受けることが大切です。

 

STD研究所の ◆性病検査 STDチェッカー◆ は、ついためらいがちな性病検査を、自宅で簡単に受けられる検査キットです。

 

自宅で採取した検査物(尿・分泌液・血液)をポストに投函し、1~2週間後に結果がわかります。

匿名で受けることができ、結果はセキュリティサイト(パソコン・携帯)にアクセスして確認するため、プライバシー対策も万全です。

検査項目が豊富で、様々なニーズに対応しています。
(検査は国の認可を受けた登録衛生検査所で実施されます。)


◆クラミジア◆淋菌◆クラミジア(のど)◆淋菌(のど)
◆HIV(エイズ)◆梅毒◆B型肝炎
◆マイコプラズマ◆ウレアプラズマ
◆トリコモナス◆カンジタ◆一般細菌◆ヒトパピローマウイルス
◆C型肝炎

➔検査キット詳しくはこちら

エイズ治療の九州ブロック拠点病院はここ!

九州は福岡市のヤフオク!ドーム近くにある『国立病院機構九州医療センター』が拠点病院となっていますので、感染者や患者はこちらで治療させることが有効です。

エイズの福岡県でも増加がさらに九州各県に広がる可能性も高く、注意喚起と簡易検査の呼びかけが今後 行われるでしょう。

「実際の感染者は報告よりもかなり多いはずだ」と言われています。