2017年10月5日発表されたノーベル文学賞を受賞したのは日本人も多くが予想と期待していた村上春樹さんではなく、『カズオ・イシグロ』という人物でした。

カズオ・イシグロって誰!?

画像(写真)はこちら

 

やはり見たことがない作家さんですが、名前がカタカナだということで、『カズオ・イシグロ』氏の国籍は日本人なのか?という点も気になるところ!

 

綾瀬はるかさんが主演した2016年のドラマ『わたしを離さないで』の原作本の作家さんでもあります。とても世界的にも評価が高いベストセラー作家さんなんです!

スポンサーリンク


カズオ・イシグロって誰?国籍は?

国籍はイギリス

長崎県出身の日系イギリス人です。

年齢は62歳。

カズオ・イシグロ―境界のない世界

ノーベル文学賞の授賞理由は
「彼の小説は、偉大な感情の力をもって、我々の世界とのつながりの感覚が、不確かなものでしかないという、底知れない奈落を明らかにした」などとした。

 

カズオ・イシグロ氏には賞金が約1億2400万円贈られます。

 

カズオ・イシグロ氏が原作者の『わたしを離さないで』のドラマ・映画を動画視聴

2016年の綾瀬はるかさん主演・三浦春馬さん・水川あさみさんのドラマ『わたしを離さないで』

これが今回ノーベル文学賞を受賞されたカズオ・イシグロ氏の原作本から作られたドラマでした。

また、映画の『わたしを離さないで』もあります。

動画配信サービスのU-NEXT(ユーネクスト)にて両方が視聴できます。
↓↓公式サイトへ↓↓
➔U-NEXTで『カズオ・イシグロ』と検索してみてください!

 


 

カズオ・イシグロ氏の経歴・学歴

1954年、日本人を両親として長崎で生まれた。

5歳の時、海洋学者の父がイギリス政府に招かれたのを機に家族で渡英。

ケント大卒業後、ミュージシャンを目指した時期もあった。

イースト・アングリア大大学院の創作学科に進み、批評家で作家のマルカム・ブラッドベリの指導を受け、小説を書き始めた。

1982年、被爆後の荒廃した長崎で結婚した女性を主人公にした「遠い山なみの光」で長編デビュー、王立文学協会賞を受賞。

この年(1982年)イギリス国籍を取得した。

 

カズオ・イシグロ氏の著書(おすすめ本)

なんとカズオ・イシグロ氏は35歳のときにイギリスを代表する作家となったのです。

代表作『日の名残り』

日の名残り (ハヤカワepi文庫)

 

最新作『忘れられた巨人』

忘れられた巨人