太陽フレアにより発生する『コロナガス』の影響や被害が心配されています。

9月6日に起こった大きな太陽フレアによって、9月8日に地球にコロナガスの影響が起こると言われています。

コロナガスの影響する時間や被害をまとめてみました。



コロナガスとは?

太陽フレア現象に伴い、高温のコロナガスが地球方向に噴出したこと及び高エネルギーのプロトン粒子の増加が確認。

太陽フレア=太陽表面の黒点でエネルギーが解放されて生じる爆発

 

今回の太陽フレアは通常の『フレア』より1000倍強かったのです。しかも、起こった場所が地球から見える位置だったため、強いX線や紫外線、電気を帯びた粒子(プラズマ)が大量に押し寄せる可能性があります。

 

【太陽フレアの画像】

*画用 https://www.nict.go.jp/press/2017/09/07-1.html

ここまでわかった宇宙100の謎【電子書籍】

 

コロナガス 地球への到着時間は?

2017年9月8日(金)
午後3時~12時の間に到来すると予測。

 

コロナガスの影響は?

数日間~1週間に渡って通信やGPSなどに影響が出ると言われています。

  • 通信衛星
  • 放送衛星
  • 人工衛星での障害
  • GPSなどの測位システムの誤差
  • 送電線への影響(短波通信障害や急激な地磁気変動に伴う)
  • 地磁気が乱れる可能性
  • 船舶への影響
  • 防災無線への影響

 

情報通信研究機構は、普段通りの生活はできるものの、GPSの誤差がでるかもしれないと発表。

ただ、カーナビやスマホには『補正機能』があり、大きな影響はないとみられています。

 

コロナガスの人体への影響は?

 

人体への影響はないが、電気を帯びた大量の粒子が地球に到達し、通信機器や衛星利用測位システム(GPS)に影響をおよぼす恐れがあります。

 

情報通信研究機構からは
『地球は大気で守られていて、人に有害なエックス線などは到達しないので、人体(健康)への影響はないでしょう』と言われています。

 

コロナガス 最悪の影響は?

最悪の被害だと、大規模停電や人工衛星の制御不能が起こるでしょう。

過去にもコロナガスの被害が出たことがありました。1989年の太陽フレアによって大気中に異常な電流が流れた影響で、カナダで大規模停電が起こっています。



北海道でオーロラが見える?

今回の太陽フレアにより、北海道北部などで赤く光るオーロラが見えるかもしれません。