コードブルー3の9話橘先生の息子ゆうすけくん感想まとめ

 

ゆうすけくん移植しないの!? まだ子どもなのにしっかりした考えを持っていらっしゃる ( ; ; )

 

コードブルーって 毎回毎回 物凄く考えさせられる 子どもって親の全部 見えてるんだよな

 


三井環奈(りょう)は息子、優輔(歸山竜成)が最近「疲れた」という言葉を口にするようになったと夫、橘に報告。3年間、優輔の心臓移植を待ち続けてきたがもう限界と悟った橘は海外での移植を提案、三井も同様の考えだった。

コードブルーみてて 開始20分で すでに涙止まらない

子供って親が大好きなんだよね。親が気付かない様なところまで。 無理して笑ってる母親の顔や、無理して取り繕ってる父親の裏側なんて、子供にはお見通しで

 



橘先生の息子、優輔くん、自分の意思で移植は受けないって… 子供でも自分の意思が尊重される。 移植ではないがら仲間の子は、自分の意思を貫いて心臓手術を拒否し天使になった。 思い出して涙がとまらない

 

コードブルーの優輔くんのセリフが重くて悲しいです セリフだけじゃなくてそれが子供から父へ、医者である父へっていうシチュエーションがつらい

 

医者であり父親であり… 橘先生のその葛藤と苦悩は計り知れないな

 

命を救っているすごいお父さんがすごく好きな息子から「新聞のどんな小さな記事でも子供の死亡記事を探し見るようになり他の患者が死ぬのを待っている」自分が死ねば前のようなお父さんに戻ってくれると

ゆーすけくん、それは違うぞ。移植受けないでキミが死んだら、お父さん、もっと嫌な奴になるぞ。医者辞めるぞ、だから受けなさい。

 

良かった…移植うけてくれる。・°°・(>_<)・°°・。

 

臓器移植… 移植のおかげで誰かが助かるというポジティブな情報の方を今まで自分は多く触れてきたけど、 その引き換えとなる提供する人や家族の気持ちを考えさせられるようになった。

 

誰かの命を継承するという事が臓器移植でもある。その臓器で自分が生きられなかった分も生き続けていく事に繋がる。

 

コードブルー1・2・3はこちらのFODで見れます。
【PR】➔【FODプレミアム(31日間無料)】

 
コードブルーもやばい 椎名桔平の演じるお父さんの息子を思う気持ち、心臓移植させてまで生きて欲しいと思うのはその気持ちあってこそだよな。もう泣いた。。。