ヒアリが京都府の向日市で発見されたというニュースが2017年10月12日と14日にありました。

その時に場所は『京都府向日市の倉庫』とまでしか情報がでませんでした。

このブログでは、これまでにヒアリの発見場所についてグーグルマップなどの地図で何件も紹介してきましたが、この向日市の場合は、『向日市の倉庫』とまでしかわからず記事にもできなかったのですが、住民の不安が市に多数上がっていたようですね。

 

あらためて場所やヒアリの状況をまとめてみました。

 



ヒアリが京都府の向日市で発見!場所はどこ?

向日市の場所はこちらになります。

 

地図ではこちら

 

向日市で発見されたヒアリの画像

 

倉庫で発見されたヒアリは10月12日午前に中国から届いたコンテナ内で発見され、その倉庫会社から通報を受けた京都府などが駆除しました。

『女王アリ2匹を含むヒアリ約2千匹を確認した』と報道されましたが、これって結構リスクが高いことね。。。

 

繁殖力がものすごく高い『女王アリ』がいたことや

約2000匹のヒアリといったら大量です。

報道では見つかったヒアリの画像は公開されています。こちら。

 

向日市の倉庫会社では、コンテナ全体を薬剤で駆除してあり、周辺では見つかっていないということです。

 

ヒアリの特徴と見分け方

ヒアリの特徴や他のアリとも見分け方はこちらです。

 

向日市の倉庫会社とは?

これまでにヒアリが発見された場所は、外港など港の近くのコンテナが多かったんですが、中にはそのコンテナが運搬された内陸部にある運送会社や工場もありましたね。

例えばこちらとか

 

ヒアリが発見され、それを通報されているので会社にはむしろ早期発見と迅速な通報に感謝したいですね。

 

ヒアリ(特に女王アリ)の繁殖力は脅威的なので。

 

向日市の倉庫会社という情報しかないので、単純に『倉庫』と名前がつく大きな会社で向日市に場所があるところはこちらがでした。

  • 共同倉庫(株) 向日町支庫
  • 丸正倉庫(株)

可能性はあるというくらいで会社はいまだにわかりません。

倉庫会社じゃなくても、大きな工場などで中国からのコンテナが運ばれている会社はあるかもしれませんね。

 

なぜヒアリが発見された会社は非公表なのかといいますと・・・

国が発見場所の事業所名を公表しないことにしているため、京都府は倉庫会社名を明らかにしていないのです。

 

大阪市の南港から向日市に

ヒアリが運ばれた経緯・ルートは、

中国の海南島の港を9月20日に出発。

その船が到着したのが香港。

その後、10月3日に大阪市の南港に到着。

そして10月12日に京都府向日市の倉庫会社へ運搬されています。

 

南港の場所と向日市の位置関係はこちら

 



ヒアリの関連記事