日本にも多数の港で強毒のヒアリが発見されており、いま全力で環境省や国土交通省などが水際対策をしています。

ヒアリは原産地である南アメリカ大陸から広まり、これまで海外では14の国や地域で侵入して定着が確認されています。

繁殖力が強いヒアリを唯一根絶できた国がひとつあり、それが『ニュージーランド』なのです。

ニュージーランドのヒアリ根絶方法を調べてみました!

スポンサーリンク


ヒアリ対策が成功した国『ニュージーランド』

ヒアリがこれまで侵入した国がこちらです。

その中で、唯一繁殖力の強いヒアリの根絶に成功した国が『ニュージーランド』

場所はオーストラリアの近くですね。

九州大学の村上貴弘准教授によると

ヒアリがニュージーランドに侵入したのは2001年。今から16年前です。

 

ニュージーランドのオークランドの空港の近くでヒアリの巣が1個発見されました。大都会です。

オークランド空港がこちら。

ニュージーランドの駆除方法は?

ヒアリの巣が発見された場所の周囲1キロ圏内に、粘着シート式の罠(トラップ)を仕掛けたのです!

 

そこに捕獲されたヒアリを殺虫剤で駆除したのです。

 

さらに、ヒアリの巣が最初に発見された場所の周囲5キロ圏内を『要注意エリア』として調査を徹底的に行いました。継続してモニタリングが続けられました。

 

その結果、ヒアリの巣が発見された2001年の2年後である2003年には『ヒアリ根絶宣言』を出すことができたのです。

スポンサーリンク


ニュージーランドがヒアリ根絶にかかった費用は?

ヒアリの巣を発見して対策を行いヒアリを根絶できたニュージーランド。

その2年間にかかった費用は約1億2000万円(日本円にすると)

その1億2000万円は高いか安いか!?

 

隣の国『オーストラリア』のヒアリ対策費は?

 

ニュージランドの隣にある大きな国『オーストラリア』では、同じ年の2001年にヒアリが侵入しました。

 

しかし、ヒアリの巣が発見された時点で、すでに複数の巣があり、根絶できていません。。。

 

そして15年間でヒアリ対策費として約270億円もの費用がかかっているというのです!

 

ニュージーランドが2年間で1億2000万円なので、これだけ大きな金額の違いとなったのです。。。

 

やはり日本も侵入してきた今が水際対策として大事な時期ですね!国の財政に関わってくる問題なのです。

 

私達国民もヒアリの発見に務めましょう!

こちらはヒアリの捕獲用のトラップです。