ヒアリ 殺虫剤 効かない?

テレビでヒアリに殺虫剤は効くのか検証されていました。

 

ヒアリが定着してヒアリの巣も多数あり台湾で、ヒアリを使って検証されていました。

スポンサーリンク


ヒアリに殺虫剤は効かないのか?

ヒアリが市販の殺虫剤で効くのか?効かないのか?という疑問はいまの日本で不安に思われていることだろうと思います。

 

あるテレビ番組では、ヒアリの増殖・定着している台湾で検証をされていました。

 

日本ではできないですもんね。そんなにヒアリがいないし、ヒアリの水際対策が必死に行われていますので、見つけ次第 すぐ対処されています。

 

検証は、プラスティックの大きめの容器にヒアリを数百匹いれ、ヒアリ用として販売されている殺虫剤(殺虫スプレー)を吹き付けてみると・・・

 

数百匹のヒアリは、しばらくは動いていましたが

 

5分後にはほとんどのヒアリが死滅しました。

 

 

なので『ヒアリに殺虫剤は効くのか?』という疑問には効くという検証結果がでました。

 

専門家がいうヒアリ対処法に殺虫剤は!?

ヒアリの専門家いわく、ヒアリが家の中に侵入したときは『殺虫剤』は効果的だが、外でヒアリの巣穴に使うと、巣穴から出てきた大量のヒアリに逆に襲われることがあるので、殺虫剤(殺虫スプレー)などを使わず、自治体へ連絡するべきだと言っています。

 


スポンサーリンク


 

驚異の繁殖力をもつヒアリの特性が!

一度定着してしまうと、なかなか駆除できないヒアリ。

 

たちはだかるのは驚異の繁殖力です。

女王アリの画像

女王アリ、ガチムチですね^^;

 

女王アリは多ければ一日3000個の卵を産みます。

 

怖いのは女王アリだけではありません。女王アリを守るために『働きアリ』の働きぶりがえげつないんです!

 

その特性がヒアリの働きアリの結束性。

 

水の上では、働きアリ通しがガシッと結束し、命がけでヒアリイカダを作り、女王アリや幼虫・サナギを守るのです。そしてヒアリイカダによって、新しい土地への侵入も可能になっています。

また、水の上のヒアリイカダだけでなく、空中でも結束して移動できるのです。

 

これは離れた場所があったとして、ヒアリの働きアリが『橋』を作るのです。ヒアリイカダならぬ『ヒアリ橋』です。

 

 

ジョージア工科大学のデビッド・フー教授いわく

「より早く食べ物にありつくために、ヒアリは橋をつくるんです。」

自然界ではヒアリが食べ物にあるつくためには移動できない場所も移動できるというヒアリの能力の高さが、ヒアリの繁殖力を支えているのです。

 

デビッド・フー教授いわく

「日本はいま、ヒアリを全滅させるために、今すぐでも資金を投じたほうがいい。もしアメリカが50年前に戻ることができたら、100万ドル(約1億円)を投じて全滅させるだろう」

 

なぜなら、繁殖・定着したいま、アメリカでヒアリを全滅させることは不可能だからです。

日本はいまが重要です。