北朝鮮が2018年2月9日から韓国で開催される平昌オリンピックに参加します。

北朝鮮の美女応援団ともいわれる 「三池淵(サムジヨン)管弦楽団」を率いるのが、『ヒョンソンウォル(玄松月)』さんです。

『ヒョンソンウォル(玄松月)』さんは金正恩委員長の元彼女では?という噂がありましたが、実は結婚していて夫がいたのです。

 

スポンサーリンク

ヒョンソンウォル(玄松月)は結婚して夫がいた!

ヒョンソンウォル(玄松月)さん。

年齢は40代だということです。

金正恩委員長より5歳年上。

 

元彼女?とも噂されていましたが・・・真相は韓国報道で噂されていただけで、元彼女ではないようです。

 

2012年朝鮮中央テレビ

金正恩委員長のお父さんである金正日総書記が作った『ボチョンボ電子楽団』のエース歌手だったヒョン氏

 

「駿場少女」という曲などCDも発売していたほど北朝鮮内ではトップ歌手です。

 

 

ヒョンさんは、結婚していました!

結婚指輪もはめています。

 

ヒョンソンウォル(玄松月)さんは北朝鮮の幹部で『党中央委員候補』という立場です。

そんな夫もそれなりの立場である可能性は高いでしょう。

 

 

実は金正恩委員長は、後継者になる前に、身分を隠して北朝鮮の『軍隊』に入っていました。

その時に温かく接していたのが、ヒョンさんの夫だったということ。

 

 

 

だから金正恩委員長は、その人に感謝していて、スター歌手だった『ヒョン(玄松月)さん』を紹介したと。

 

ヒョンさんと夫のキューピット役になったという説もあるのです。

 

ヒョン氏(玄松月)の衣装が話題に!

 

キツネの毛皮のマフラー フォックスファーのカラー

キツネの毛皮で8万円相当だということ!

 

高級なカシミアのコートはオーダーメイドでは?ということ。

 

北朝鮮と韓国の協議時はエルメスのバッグを持っていました。

 

 

元彼女だから?と言われていましたが、それは韓国での噂でした。5年ほど前から韓国ではヒョン氏が元彼女ではないかと報道されていた。

 

父に反対されたから破局したとか

歌手時代から金正恩委員長はヒョンさんのファンだったとか

自宅には直接電話がかかる『ホットライン電話』もあったとか

 

 

しかし、元彼女であったなら、これだけ北朝鮮の重要なポストに就任することを、妻のリ・ソルジュ夫人が傍観しているはずがありません。

 

政治に音楽(芸術)の効果も使われている北朝鮮。

 

ただ金正恩委員長が、モランボン管弦楽団の団長でもあるヒョンソンウォル(玄松月)さんを宣伝担当者として信頼があついとは言えそうですね。

 

韓国でも有名だし、美人であるから広告塔としても役割もあります。ちなみに珍しいことに、北朝鮮でもヒョンさんの訪韓を報道したのです。

 

元彼女という情報は未確認の噂なのです。

 

スポンサーリンク

平昌オリンピックでサムジヨン管弦楽団の参加日程は?

 

ヒョンさんが団長を務める「三池淵(サムジヨン)管弦楽団」の演奏日程はがわかりました。

開会式を挟んで2回演奏されます。

 

1回目はスケート競技が行われるカンヌンで

2回目はソウルで

 

北朝鮮の関連記事