ビートたけしさんの本が2017年9月22日に発売されました。新刊は純愛小説です。

ビートたけしさんの新刊の名前は『アナログ』

お笑い芸人のピース又吉さんと対談をされており、いつものたけし節もおもしろかったんですが、この『アナログ』には70歳のたけしさんによる初々しい恋愛心理が描写されているのです。



ビートたけしの本(新刊)『アナログ』が発売!

楽天市場での販売

↓↓↓

 

Amazonでの販売

↓↓↓

アナログ

ビートたけし本(新刊)『アナログ』に込めた野望w

ピース又吉さんとのインターネット番組での対談では、いつものたけし節が。

たけし「これからの文壇は お笑い芸人が席巻すると思う。」

司会の中井アナ「その旗手が又吉さんだと」

たけし「そうだよ」

又吉 笑い

たけし「一番もうかるのはだいたい2番手だから」

みんな笑w

 

たけし「又吉はどうやって小説書いてる?」

又吉「僕はパソコンに書いてます。」

たけし「俺はノートに書いてるんだよ。3冊くらいになって。これ原文だから後で1枚5万円くらいでオークションに出して儲けようかと思って笑」

みんな笑w

 

実際にそれやって売れそうなところがビートたけしさんの凄さですね笑

 

ビートたけし本(新刊)『アナログ』に込めた想い

ビートたけしさんが番組「グッドモーニング」にこのようなコメントを語られました。

 

『アナログ』に込めたビートたけしさんの想い

スマホやITなんかで便利な時代になったと思う。

だけど、そんな世の中で人が失ったのもの大きいと感じるようになった。

会いたい人には会いに行く。

弱いところは許し合う。

そんな当たり前の「誰かを大切にする」ってことを『アナログ』という小説で書いて見たいと思いました。

読んでいただけたら幸いです。

 

前の野望を言ったビートたけしさんとは真逆の『アナログ』に込められた真意が感じられますね。

本当に多才な人です。

読みたくなりますね!

 

この純愛小説『アナログ』も北野武監督でいずれ映画化されるかも・・・ですね。

小説『アナログ』の評判しだいでは映画化もあるでしょう。

 

アナログ