北朝鮮の核実験で放射能汚染が心配されましたが、日本への影響はあったのか!?

2017年9月3日北朝鮮は6回目の核実験を行いました。

スポンサーリンク


核実験の放射能汚染を調べる

原子力規制委員会により調査されました。

 

北朝鮮による6回目の核実験を受けて、原子力規制委員会は9月4日、日本海上空の放射能汚染を核実験が行われた当日に調査しています。

 

その結果、異常はなかったと発表されました。つまり、放射能汚染による日本への影響はなかったといことです。

 

北朝鮮の核実験で日本の放射能汚染の調査方法は?

 

自衛隊機が日本海上空の3カ所でちりを採取し分析しています。

 

その調査の結果、核実験に伴う放射性核種は検出されなかったということ。

 

 

原子力規制委によると、月に1度行っていた調査を当面の間、毎日続けるとされています。そのほうが安心ですね。

 

さらに、全国308カ所の放射線観測装置の値にも今のところ、異常は出ていないということです。

>>放射能汚染の基礎知識。 どこまでなら安全か?どこから危険なのか? (Magazi…

北朝鮮の6回目(2017年9月)の核実験の威力