2018年5月26日のNHK『ごごナマ』のゲストに、俳優の向井理さんが出演。

中学生時代の友達の野村克弘さんがインタビューに答えられました。

内容をまとめてご紹介します。

 

 

向井理の中学時代の友達が語るエピソード


 

とにかくスポーツが好きだった。
サッカーが好きだった。

レギュラーとかではなかったけど、高校になってからは伸びてレギュラーになったようだ。

 

基本的に多くは語らない。
最近になって中学時代に誰とつきあっていたかって話になって、かわいい子ばっか2~3人いた。

 

友達には
怒るときもストレート、褒めるときもストレート。
オブラートに言えないとこはある。
厳しく言うのが友達だと思う。その人のことを思っていう。

 

一番のムードメーカーだった。
カウントダウンは8年位一緒にいる。
ずっと仲良し。
みんなそれぞれ家庭があったりするけど、カウントダウンは一緒にいる。
野村は家庭ないけどw

 

あんまり人の目を直視できない人間だったので、ずっと下むいて歩いていた。
クラスメートとはほとんど話してなかった。
普通ですよ。

 

1982年生まれ

 
著書がこちら
⇒ぼくらは働く、未来をつくる。 向井理×12人のトップランナー [ 向井理 ]
 

向井理が明治大学の農学部で発表した論文とは

明治大学の農学部に進学。
動物が好きだった。
生命科学科。
できたばかりの科だったので、自由に研究できると思った。

遺伝子を研究されて、世界的な賞をもらっている。
鶏オボアルブミン・・・・・???そんな研究テーマだったらしい。
超難しい^^;

鶏の卵のタンパク質を研究して遺伝子について調べた研究らしい・・・??
友人2人と共同でやっていた研究。

ずっと研究室にいました。
一回も休まず大学に通いつめていた。
ベストポスターアワードという賞をもらった。

研究の道に行かなかった。
向井さんはこの後、バーテンダーになった。

試薬を混ぜたのをお酒に変えたww

バーテンダーはだいたい芸能界に入るんですよ。w
バーテンダーはお芝居につながることも多い。
接客とか。

芸能界に入ったきっかけはマネージャーの熱い説得があった。
この人に自分の人生をあずけてみてもういいかなと思った。

芸能界は最初まったく上手くできなくて、怒られてばかりだった。
オーディションも何度も連続で落ちたりした。

28歳 NHKの朝ドラ『ゲゲゲの女房に』出演。

ヒロインの夫 村井茂役。
水木しげるさんを演じるのはすごいプレッシャーだった。
クランクインの直前まで役作りが定まらなかったけど、水木さん本人から「好きなようにやりなさい」と言われて、楽になった。