栄養豊富な大豆を使った『大豆ダイエットの方法』にもなる『大豆ファーストのやり方』が、2018年1月16日放送のテレビ番組『グッドモーニング』で紹介されました。

正月太りの解消にも、栄養不足の解決にも、 『大豆を使ったダイエット方法』は興味深いですね!

まとめました。



大豆ダイエット方法がテレビで紹介!

栄養成分が利用的に含まれていて、ヘルシー食材だとも言われる『大豆』

 

大豆を食べる習慣はメリットが沢山あります!

  • 体質改善して健康に
  • 栄養補給
  • 病気の予防
  • ダイエットして痩せれる

これは理想的ですね~♪

そして 『大豆ファースト』という健康的な食べ方がいま注目されています!

 

 

 

大豆ファーストという食事方法とは?

池谷病院の池谷敏郎院長によると、

  • 大豆から最初に食べる食事方法
  • 1回に25g(20粒くらい)食べる
  • 食べる順番は、野菜もいいけど大豆もいい!
  • 大豆は豊富な食物繊維で野菜より多い!

 

食べる順番ダイエットが流行って、最初に『野菜』を食べましょうと言われていますが、実は『大豆』の方がもっと効率よくて効果的なんです。

 

 

その効果とは、

大豆を最初に食べると、体内に食物繊維がたくさん入ってきます。

糖や脂肪の吸収を抑えられる。

肥満の解消に効果が出てくる!

という結果になります。

 

さらに、最初に食べたものほど吸収されやすいので、栄養豊富な物を食べることは大事。

その意味でも、野菜よりも栄養バランスが優れている『大豆』を最初に食べるという理由はそこにあります!

 

大豆ファーストを続けるとこんな効果が!

 

食事の時に、『大豆』を最初に食べるという『大豆ファースト』

これは豊富な食物繊維によって、
糖や脂肪の吸収を抑えることができる効果があります。

 

糖や脂肪の吸収を抑える

糖尿病の予防につながる

さらに

血糖値が極端に上がったり下がったりしないことで、血流も良くなり血管の負担も減ります。

動脈硬化の予防つながる

 

さらに

大豆の豊富な食物繊維の効果として

塩分を体外に排出してくれる

高血圧の予防につながる

 

糖尿病・動脈硬化・高血圧といえば生活習慣病の予防が『大豆』でできるということですね。

 

スポンサーリンク

 

『大豆ダイエット』は栄養的な効果もすばらしい

大豆に含まれるのは5大栄養素はもちろんですが、

  • レシチン
  • サポニン
  • イソフラボン

という体にとっては貴重な栄養素が豊富だという魅力があります。

 

レシチン

脳の神経組織を生成するのを助ける効果があり、アルツハイマー型認知症の改善効果が期待できます。

 

サポニン

抗酸化作用があるので、肌のシミやしわを予防する美肌効果もあり、体の老化防止効果に期待できます。

 

イソフラボン

これは有名ですね。女性ホルモンのエストロゲンと似た作用があり、骨粗鬆症の予防効果が期待できます。

 


エストロゲンならテレビでも何度も紹介されている『エクオール』で効果的にエストロゲンを増やすことができて、心とカラダが元気になります。


 

大豆ダイエット方法 『蒸し大豆』の作り方

大豆ダイエットは、乾物の大豆を水で戻して、蒸して食べられる状態にします。とても簡単な作り方です。

 

  1. 乾燥した状態の大豆を軽く洗い
  2. たっぷりの水に浸します
  3. 8時間(およそ一晩)くらい水につけて戻します
  4. 水をきって
  5. 蒸し器に入れ
  6. 30分くらい蒸します
  7. 20分くらい放置
  8. 出来上がり♪

 

テレビ番組『グッドモーニング』では、中尾彬さんが毎日蒸し大豆を食べているそうで、『カラシじょうゆ』をかけて食べると美味しいと言われていました。

グルメな中尾彬さんが言うから、間違いないでしょう^^

 

蒸し大豆、作り方は思ったより簡単なので負担なく作れそうですね。

楽天市場の蒸し大豆の人気商品を見てみる

 

大豆ダイエットの効率的な大豆を食べる時間は?

食べる時間によって吸収率が変わるので『朝』が一番吸収率が上がります。

朝はたんぱく質が筋肉に変わりやすい。

食べ合わせは『植物性たんぱく質』と『動物性たんぱく質』を一緒にとったほうがいいので、大豆とヨーグルトなどはいい組み合わせとのことでした。

 

大豆ファーストの8つの効果は!

以上の『大豆ファースト』の特集でわかったことが、大豆ファーストを実践し続けることで、この8つの効果が期待できるということです!

 

  1. ダイエット効果
  2. 糖尿病の予防効果
  3. 動脈硬化の予防効果
  4. 高血圧の予防効果
  5. アルツハイマーの予防効果
  6. 美肌効果
  7. 老化防止効果
  8. 骨粗鬆症の予防効果

 

 

 

不足したエストロゲンを補って腸内環境を改善し美肌や心と体の安定をうむ『エクオール』

 

日本人女性の約50%はエクオールをつくる腸内細菌をもっていないため、エクオールがつくれません。

いくら大豆製品を摂取しても腸内細菌が無ければエクオールつくりだすことができません。

 

 

キレイ・デ・エクオールは、

  • 1日2粒
  • エクオールの摂取目標10mgを取ることができます。
  • 乳酸菌1,000億個
  • 食物繊維等が腸内環境を整えます。

 

 

テレビでも何度も紹介されている『エクオール』で効果的にエストロゲンを増やすことができて、心とカラダが元気になります。