体操の宮川紗江(みやがわさえ)さん17歳にいま注目が高まっています!

宮川紗江さんは『ほくろ』があどけなさを感じさせますが、鍛え抜かれた筋肉とエイトパックの腹筋があるんです。

宮川紗江さんについて調べてみました。



宮川紗江さん17歳、高校は?

生年月日:1999年9月10日

年齢:17歳

高校:西武台高等学校

高校の場所はこちらです。

出身:東京都西東京市

中学:西東京市立青嵐中学校

身長:147センチ

宮川紗江選手はかなり小柄な体格ですね。

 


宮川紗江選手の実績

2歳で体操を始めた

2013年 女子ジュニアナショナル選手に選出

2014年 南京ユースオリンピック跳馬で銅メダル

2015年 世界体操の代表に選出

ゆかでは4位でした。

2016年のリオデジャネイロオリンピックに出場し、団体4位を獲得しました。

2017年の世界体操にも代表選出されています。

 

宮川紗江選手の大技はH難度!!

チュソビチナというH難度の大技をこなす宮川選手。

チュソビチナとは、後方伸身2回宙返り1回ひねりということをしているようです。難しそうですね~。

さらにシリバスというH難度の大技もあるんです!

シリバスとは、後方抱え込み2回宙返り2回ひねりという大技です。体操選手って本当に尊敬します。



宮川紗江選手の欲しいものは水筒だった!

テレビ番組の取材で「今欲しいものはなんですか?」と聞かれ、なんと『水筒です』^^と答えた宮川紗江選手。

なぜ水筒が好きなのか?たしかにスポーツ選手に水筒はつきものですしね。

 

「20個くらい水筒を持っています♪」

と答えていました。

 

宮川紗江選手の筋肉トレーニング法は?

宮川紗江選手といえば『筋肉』ですよね。『筋肉少女』とも言われるくらい。

 

いったいどんな練習をしているのかですが

  • 筋トレは一日1時間以上
  • ロープを腕の力だけで登っていく筋トレ
  • 頭と足だけ台に載せて寝転がり、腹筋で上下させる筋トレ
  • 壁に立ち、自分の方に人を立たせ、その状態でスクワット

これは普通女子高校生がやる筋トレじゃないレベルでしょう^^;

 

宮川紗江選手いわく「衣替えした時に半袖のTシャツを出して着てみたら腕がパンパンだった」ということ。

 

太ったわけではなく筋肉で腕が大きくなったんですね~!



 

宮川紗江選手の腹筋はエイトパックだった!

そんなハードすぎる筋トレを毎日している宮川紗江選手の腹筋は『エイトパック』なんです!!

まるでサッカーのレアル・マドリードで活躍しているクリスティアーノ・ロナウドのような腹筋みたいにエイトパックなんですね。

この腹筋や筋肉を鍛え上げた効果もあり、宮川紗江選手は2017年6月の全日本種目別選手権ゆかで優勝しました!

これからの活躍が楽しみですね!

 

ちなみに・・・宮川紗江選手の体脂肪は8%だそうです。他の体操女子選手でも体脂肪は11~14%なのに、宮川選手は8%!!

 

さすがエイトパックですよね。

 

 

こんなハードは筋トレはなかなか私たちにはできないんですが、ジムで専属トレーナーをつけてライザップみたいにするのもお金がかかるし。

 

家でできる事として昔から筋肉をつけるには『プロテイン』と言われてきましたが、今は『HMB』が即効性がありますよ。

 

自宅で筋トレしつつ、HMBを飲むとさらに筋肉が最速でつくと思います。お金も節約ですしね^^

↓↓↓



筋肉がついて締まった体になったら人生かわりますよね~♪