尼神インター渚は尼崎市武庫之荘出身?上京しホームシックに!という話なんですが、尼神インターの渚さんは、高校卒業して大工を5年間していたという話は有名ですね。

 

 

渚さんが兵庫県尼崎市出身で、誠子さんが兵庫県神戸市出身ということで『尼神インター』というコンビ名になったのです。

 

尼神インターの渚さんは出身地が尼崎市の武庫之荘?という情報もあるんですが、真相はどうなのか?

 

スポンサーリンク


尼神インター渚の出身は武庫之荘(むこのそう)

本名:鹿島 渚

1984年8月6日生まれ

年齢:32歳

出身地:兵庫県尼崎市

なんか渚さんって、話し方とは雰囲気とは、なんか癒されるな~。なんでやろ?

さて、尼崎市にある武庫之荘(むこのそう)という場所。

尼神インターの渚さんの出身地に関しての情報はWIKIにも『兵庫県尼崎市』とまでしか書いてありません。

 

しかも、出身中学・出身高校もまったく情報がでていませんね。

 

しかしなぜは『尼神インター渚 武庫之荘』という言葉がネット上に出ているので、もしかしたら武庫之荘の出身なのかもしれないし、武庫之荘の高校に通っていたのかもしれません。

 

 

おそらく渚さんの事を知っている方が『武庫之荘』関連の情報とつながっているのかも。

 

 

さらに2チャンネルの中で『(渚さんは)尼崎でも上品な武庫之荘の子やもん。』という話がでています。

 

 

たしかに、渚さんは芸風や衣装はコテコテのヤンキーみたいですが、中学生とか高校生のころは、ひとり昆虫をじっと眺めるのが好きな子だったようですし、高校では派手は方にも地味な方にも入らない、しかし根暗ではない、だけど誰も話しかけないような子だったそうで笑

 

 

それでもお笑い芸人になりたいと思ったんですね。

スポンサーリンク


尼神インター渚 よしもとNSCの為に高校卒業後、大工に

渚さんは、「高校の時に進路を考えた時、究極に考えたら『芸人』しか思いつかんかったんですよ」

 

 

そして「芸人になるためには養成学校に入らなあかんなと思って、NSCの入学金貯めるのに大工さんになろうと思って」

 

「5年くらいしました」

 

 

高校で進路を考えた時に、『芸人しかない』と思った渚さんですが、小さい頃はお笑い番組はなんとなくやってるな~という感じで見ていたそう。

これは普通の人の感覚ですね 笑

 

 

尼崎出身の渚さんと神戸出身の誠子さんがコンビを組んだ。「一番誠子がブスやったから」という理由で誘ったそうw

 

中学時代は色んな種類の生き物や虫を見るのが好きで、近所の飼育園に通っていたそう。
つまりヤンキーじゃなかった!

 

実家ぐらしが長く、箱入り娘で可愛がられて育っていました。
32歳まで実家を出たことがなかった。

 

18歳から大工。23歳まで5年間大工をしていたそうです。よしもとNSCの入学金や授業料を稼ぐために。

入学金は10万円

一年分の授業料代が40万円します。

 

大工時代に知り合った大工の彼氏と19歳から25歳くらいまでつきあっていた。

ちなみに、この人は彼氏じゃありません。

スポンサーリンク


2017年4月から上京して実家を離れた

メレンゲの気持ちでは、東京のマンションでひとり、上京する時にお祝いしてくれた友人達が書いてくれた手紙が挟んである写真立てを眺めているという渚さん。

やっぱりヤンキーじゃ全然なかったですね。

かわいいし、仁義深い人で。こんな純粋な人がいるんですね~。

 

一方の尼神インター誠子さんは、自宅マンションでヨガや美容に精を出してまして、その2人のギャップに笑ってしまいましたが^^

 

>>>ブラマヨ吉田のガケっぱち #213 尼神インター 渚 前編【動画配信】

「大阪の時より仕事増えてると思う」とコメント。「2カ月前は20万円やったで。先月は 40万円」と告白しています。

>>>ブラマヨ吉田のガケっぱち #214 尼神インター 渚 後編【動画配信】

これからも尼神インターがんばってほしいですね!