A-Studio 岩田剛典 内容(10月7日)

三代目 J Soul Brothersの岩田剛典

高校時代は部活で髪にソリを入れていた岩ちゃん。
エグザイルのあつしさんに憧れてやっていたということ。

高校の同級生に菅井さんがいる。イケメンだ。



同級生が語る岩ちゃんは、女っ気がなかったという。
部活はラクロス部。

仲間は山田一平さんなどがいる。(一般人)

慶応大学に進んだエリートと言える!
驚くな~!

親は慶応大に行って、パフォーマーへ進むとなると
反対というかがっかりだったという。

誘ってくれたのは直己さんだった。

直己さんと深夜2時にダンスバトルをすることになったそう。
二人で踊る。観客はほとんどいない。
二人の世界だったという。

それから直己さんが

実は慶応大学4年の時に、就職の内定ももらっていた。しかし、パフォーマーになることに。

それをお母さんに報告したとき
返事なく電話口でシクシク泣かれたそう。
それもそうだろうな・・・。

ちなみに実家は
創業90年の靴メーカー
を営んでいるそうで
お父さんは社長さん、家は豪邸だという!

 

さて、パフォーマーになるとなった岩田剛典さんですが
その後はすぐに3代目の活動が始まったそう。

小学校の家庭教師だった水野俊英先生も画像で紹介。
岩ちゃんの恩師である。
今でも唯一年賀状を出す恩師が、家庭教師だった水野先生だ。

3代目てなんでそんなすごくなった?
という笑福亭鶴瓶さんの質問に
リュウセイの振り付けをすることになる。

HIROさんはメールの返信がとても速いという。
最近だとグループラインで
HIROさんがしっかりした文章で提案などを送ってくる。
だからみんな返信はしっかりした文章で返しているという話。

岩ちゃんは小学校の時に、家庭教師の水野先生に
「なんでこんなに勉強しないといけないんですか?」
と聞いたという。

そしたら水野先生が
「自分が本当にしたいことをするためだ」
と答えられたそう。

そんな恩師を敬愛している岩ちゃんも
素敵ですね!