張本智和のチョレイの意味は中国がルーツだった!母直伝の緊張コントロール

最も躍進した選手として新人賞が与えられた。

両親への感謝の気持ちをスピーチで語った張本智和選手(当時中学2年生)

 

宮城県仙台市出身。


 

2018年5月4日のニュースZEROにて、張本智和選手の両親の子育て法や、あの「チョレイ」の意味・ルーツがはっきり語られたのです。

 

 

張本智和のチョレイの意味は中国にルーツがあった!

張本智和の実家がある。

母親のりんさん

部屋に案内

漫画がある。コナンが好き。
歴史の本が好き。

普通の少年の一面があった。

2階には卓球場がある。

両親はもともと卓球の選手。

帰省したときには使う。

2003年仙台市で生まれる。

 

張本智和の成績は宮城県でトップクラスだった!

勉強は勉強、卓球もする。

これが張本家の教育指針。

母親のリンさん「将来何の仕事でも勉強は大事だから。」

 

小学校からかえるとまっさきに自分の机でまずは宿題。

 

 

勉強すれば好きなこともやってよかった張本家。
2歳から卓球をした。
1日2時間だった。

 

張本智和のチョレイは中国選手の雄叫びがルーツ

 

小学生の頃は難しい技もできるように。

 

母親のリンさんは雄叫び(チョレイ)を言う意味を語りました。

「試合の時は声だしてほしい。緊張感がとけるから。」

 

雄叫びは母直伝のメンタルトレーニング法だった

卓球王国中国で流行っていた声を真似した。

ルーツはご両親の故郷である中国に関係があったのです。

母が教えてくれた。

緊張感を減らすメンタルトレーニング。

それが『チョレイ』が生まれたきっかけでした。

 

 

教えたことはすぐできる。
心の問題。
練習したことが試合でできるかどうか。

 

張本智和は中学校から大きな決断。東京へ

仙台に進学せず、東京のJOCエリートアカデミーに進学。

 

将来有望な選手をあつめて強化する日本の施設である。

 

拠点は味の素ナショナルトレーニングセンター。

 

1日6時間連練習する。

シューズが1ヶ月で穴が空くほど。

 

下半身の強化。
スライドボードを使う。

 

足から手に伝わる効果。
フォアファンドが武器になったのだ!!!

 

JOCには卓球に集中できる環境にある。

 

選手は全寮制。
別途と机。
携帯も寝る前に没収。

2020年の東京オリンピックを目指す。

母のりんさん。
友の選んだ道は何でも応援する。

金メダルをとれたらお父さんとお母さんにかけてあげたい。

 

お母さんは1日1回は息子の張本智和選手に電話をかけてくる。

 

張本選手、世界選手権で大活躍ちゅうです。

 

緊張感を少なくするためのチョレイ!!