卓球の張本智和選手。14歳の中学2年生がまたしても快挙!

おなじみの雄叫び『チョレイ』が今回は『チョー』になっていましたね。

その理由をグッディで取材してあったのでご紹介します。

スポンサーリンク


張本智和 チョレイがチョーになった理由

2017年8月
ワールドツアー決勝まで勝ち進んだ張本智和選手。

なんと決勝戦の相手は『卓球の世界選手権』で敗れたベテランのティモ・ボル選手でした。(元世界ランキング1位)

 

その決勝戦で、張本選手は得点が決まると
「チョーー!!」
とガッツポーズ。

雄叫びはあげるんですが、『チョレイ』ではない。

なぜ?

 

張本智和選手がその理由をグッディで語っていました。


「今回(ティモ・ボル選手との戦いは)接戦が多すぎて「チョー」みたいな感じになった。」
『レイ』があんまり・・・
(集中しすぎてレイを)忘れちゃったんで・・・」笑

雄叫びの『チョー』は今回だけと話していました。

次回の試合では『チョレイ』復活する!?

 

張本智和 フォアハンドで卓球ワールド・ツアー優勝!


張本智和選手は、優勝した勝因をこう語っています。


「今までフォアハンドで点を取るチャンスがなかったので、今回はフォアでもバックでも、両ハンドで点がとれたのがよかったです。」

14歳と61日で達成した張本智和選手。
まさしく快挙です!

 

張本智和 下半身強化のトレーニング

今シーズン張本選手は、陸上選手なみの下半身強化のトレーニングに取り組んだそうです。

その成果ともいえるのが強烈なフォアハンド。

今回の試合の動画がこちらです。