成人式の年齢引き下げ18歳に!いつから?今の何歳の人から?お酒やタバコはどうなる?

 

ついに!成人の年齢が引き下げ決定しました!
2018年6月13日の衆議院本会議で改正民法が可決・成立したのです。

 

もちろんですが
成人式をする年齢が引き下げになったのです。

今回の記事では、

●その時期はいつからか?

●いまの何歳の人たちから成人式18歳になるのか?

●お酒(飲酒)やタバコはどうなる?

を調べてみました。

 

 

 

成人式年齢18歳に引き下げ!時期はいつから?

 

その時期は
2022年4月からになります。

 

成人式年齢引き下げは今の何歳の人から?

 

それでは、18歳から成人になるのは今の何歳の人からなのか?

成人式をしないといけないので、振り袖などの準備も必要になります。

保護者や当事者や呉服業界にとっては重大な改正ですよね^^;

 

その学年(年齢)を調べてみました。

 

2004年生まれ
2004年4月~2005年3月生まれの人です。

 

2004年生まれは日本では2018年現在 中学2年生の学年の人から『成人式の年齢引き下げ』によって18歳から成人になります。

 

2018年現在、中学2年生の人たちはいろんな意味で変革の年になりますね。

 

2022年の成人式は3年分の人数に!

 

また、今の中学3年生も19歳のと時に成人になるってことになります。

 

だから2022年は成人になる人数が

  1. 2002年度生まれ
  2. 2003年度生まれ
  3. 2004年度生まれ

この3年間に誕生した人たちが一気に『成人する』ことになります。

 

成人式・・・大変な人数になりますね!!

 

チェック

 

18歳で成人ならお酒やタバコはOKなの?

 

18歳って・・・成人式が1月としたら高校3年生ですよね。

 

 

お酒やタバコも成人年齢引き下げによって解禁になるんでしょうか?

 

 

ということで、
お酒やタバコは健康を配慮して20歳からのままです。

 

成人式はお酒で乾杯♪
居酒屋で大盛り上がり♪
ホテルでパーティ♪
というこれまでのイベントとは大きく変わりそうですね~。

 

 

 

18歳(高校3年生)の成人式はどうなる?

成人式は多くの自治体(市町村)が毎年1月に開催していますね。

 

しかし、18歳といえば高校3年生。

高校3年生の1月といえば、大学受験する人はセンター試験があったりする受験シーズン真っ只中!

成人式の日程は法律で決まっているわけではないので、自治体が日程を決めています。

なので恒例の『1月成人式』は時期が変わる可能性が高いですね。

 

 

成人式の着物は早めに予約したらお得

誰よりもカワイイ成人式振袖をお探しの方は必見です。

着物の本場 
京都より「フルセット」で全国宅配してもらえます。

とっておきの振袖を、お早めに確保(予約)しときましょう!

↓↓↓見てみる↓↓↓