2017年10月19日夜、日産自動車の西川廣人社長が会見し、日産の国内に6か所あるすべての工場で、車の出荷を停止することを発表されました。

そして不適切な検査を行っていたおよそ3万4000台について新たにリコールの届け出を検討するということ。

出荷前の検査で正規の資格をもってない従業員が検査をしたことが問題となっていました。

日産のリコール対象となる車種などを調べてみました。



日産車リコール対象の車種などは?

追加リコール(回収・無償修理)を実施すると社長より報告されました。

すばやい対応ですね。

ウチも日産車なんですが、リコール対象車は最近販売された車でしょう。

調べてみました。

 

日産は国内全6工場で無資格の従業員が新車の完成検査に関わっていた問題で、発覚後も4工場で無資格検査が続いていたと発表しました。

その工場はこちらの4工場。

  • 日産車体の湘南工場(神奈川県平塚市)
  • 日産の追浜工場(同県横須賀市)
  • 日産の栃木工場(栃木県上三川町)
  • グループ企業の日産自動車九州(福岡県苅田町)

 

無資格検査が行われたのは、9月18日以前に製造された21車種。

10月2日に発売した電気自動車(EV)の新型リーフも含まれ、一部の納車に遅れが出る。

 

リコール対象は2014年10月から17年9月に製造した車

  • ノート
  • セレナ
  • シルフィ
  • NV350キャラバン
  • パラメディック
  • エルグランド
  • ジューク
  • アトラス
  • NV200バネット
  • 「NV200バネット」
  • 「NV200」
  • GT-R
  • エクストレイル
  • スカイライン
  • シビリアン
  • ウイングロード
  • NV150 AD
  • AD EXPERT
  • ムラーノ
  • ティアナ
  • フーガ
  • キューブ
  • フェアレディZ
  • リーフ
  • マーチ
  • ラティオ
  • e-NV200

詳しくはこちらの日産ホームページで紹介されています。
日産公式サイト