東名高速で事故?由比PA付近で黒煙!場所や原因は?

2018年12月31日(日)大晦日の帰省ラッシュの中、静岡県静岡市の東名高速道路下り線で、車両が炎上する激しい事故が起こって、大渋滞しています。

スポンサーリンク


東名高速、由比PA付近で事故車両火災で完全に停止中

 

東名高速の下り線 由比PA付近で車両事故が起こっています。

激しい黒煙と車は炎上。

 

車両火災事故の場所は?

東名高速道路(下り線)の富士IC〜清水JCTの由比PA付近で車両が炎上する事故がありました。

静岡市清水区由比西倉沢

*画用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20171231-00000752-fnn-soci

 

12月31日11:00現在、富士IC〜清水JCTの下り線で通行止めとなっています。

 

 

東名高速道路の由比PA下り500m先で車両火災

場所はここ

 

東名高速 下り線通行止めの理由

 

2017年12月31日10:30頃に事故が起こりました。

乗用車1台の単独事故です。

道路の片側の壁に衝突し、その後車の前方が出火・炎上しました。

事故直後には、激しい黒煙が上がっていました。

運転していたドライバーは事故後車から出てケガはありません。

最新のニュースでは、事故車両には他の車が接触したことが原因でもあると言われていました。とすると接触したけど逃げたってことでしょうか?

 

 

富士インター~清水間ジャンクション間 事故のため通行止めとなっています。

事故後も東名高速の下り線では、事故後の処理や調査が続いており、車両は渋滞したまま停車させられています。

 

大変ですね・・・
運転には十分お気をつけ下さい。

 

年末年始の関連記事