濱田祐太郎の先天性緑内障という目の病気とは?



先天性緑内障とは、生まれつき眼圧が上昇する病気です。

 

お腹の中にいる間はわからず、出生後あるいは乳幼児になり症状が出てくるまで、わかりにくい病気です。

 

先天性緑内障

( 生まれつき房水の排出が悪い緑内障)

 

「牛眼」という病気の名前を聞いたことはありますか?

 

眼圧が高いことによって黒目が大きくなり、その名のとおり牛の眼のように見える病気で、正式には「先天性緑内障(早発型発達緑内障)」といいます。

 

先天性の緑内障を気づく症状としては、涙の量が多い、まぶたが痙攣する、光を極端にまぶしがるなどがあげられます。

 

赤ちゃんが光をいやがったり、目ヤニや涙が多かったり、まぶたがけいれんすることがあります。

 

黒目の部分も、白く濁ったり、黒目が大きくなったりと気づいてあげられる判断材料になります。