甲斐拓也捕手が地面に書く字『心』の意味は高校マネージャーの想い

ソフトバンクのキャッチャー甲斐拓也選手(25歳)が、守備につく前に、地面に何か字を書いています。

その字は『心』

ソフトバンクの甲斐拓也選手が書く『心』にはどんな理由・意味があるのかまとめています。

スポンサーリンク


ソフトバンクの甲斐拓也選手が書く『心』にはどんな理由・意味があるのか

2017年11月30日放送の『報道ステーション』で、ソフトバンク甲斐拓也選手のエピソードを紹介されて、見ていた人の多くが感動しました。

甲斐拓也選手は、キャッチャーの守備につく前に、何やら地面に字を書いています。

気づいていた人もいたんじゃないでしょうか?

甲斐拓也選手が書いていた文字は『心』でした。

 

甲斐拓也選手が書いていた文字は『心』の理由は?

甲斐 拓也(かい たくや)
生年月日:1992年11月5日
年齢:25歳

心の原点は、甲斐 拓也選手が高校時代にありました。

甲斐 拓也選手の出身高校は、大分県大分市桜ヶ丘にある『楊志館高等学校』(ようしかんこうとうがっこう)です。

 

私立の高校で、甲斐 拓也選手が3年生の時は甲子園には出場していません。

 

楊志館高等学校の野球部女子マネージャーだった2歳年上の『大崎耀子(あきこ)』さんがいました。

 

大崎耀子さんは高校3年生の時(17歳)で上咽頭がんで亡くなったのです。その時、甲斐 拓也選手は高校1年生でした。

 

その大崎マネージャーは本当に野球を愛していた人で、亡くなる前に、部員たちに『心を一つに』という意味で『心』という言葉をよく言っていました。

 

プロ野球ソフトバンクのキャッチャーとなった甲斐 拓也選手ですが、

『初心を忘れず、野球ができるのはあたり前じゃないんだ』という想いを忘れないように、『心』という言葉を書いているそうです。