箱根駅伝2018のアンパンマン号は違法車両で検挙されてた!

2018年1月2日テレビでも放送されていた箱根駅伝の生中継で、選手の隣車線で並走していた派手なアンパンマン号が話題になったのです!

箱根駅伝にアンパンマン号が伴走していたのは『1区』の区間でした。

 

みんな「集中できない」とツッコミの嵐

スポンサーリンク


箱根駅伝2018のアンパンマン号はどうなった?

派手なアンパンマン号の車両が17キロ付近から出現!!

アンパンマン号はランナー先頭集団の横に併走していて、どうしてもテレビ画面にも映るし、気になった視聴者は沢山したはずです。

 

箱根駅伝が終了した3日の夜のヤフーニュースでも話題にあがった『箱根駅伝のアンパンマン号』

なんと!

走っていた1区の選手もアンパンマン号に気づいていたというのです。ランナーの視界に入ってたんですね^^;

 

アンパンマン号どうなった?

「アンパンマンカーは六郷橋過ぎて管轄が警視庁から神奈川県警に変わってから見えなくなった。」

鶴見中継所1キロ手前で捕まって切符切られたってよ

「整備不良だよね。ナンバープレートをダッシュボードに置くのは違反。」

「ナンバープレート室内設置による道路交通法第六十三条整備不良違反ではないか」

 

 

 

アンパンマン号の運転手が日刊スポーツの取材に答えられているんですが、悪意があったわけでも目立ちたかったわけでもないと話されています。

賛否両論あったようですが、これ以上に話題になったアンパンマン号はないでしょうねw

箱根駅伝をテレビ中継していた日本テレビは、同局の人気アニメ番組なだけに微妙な放送事故だったかも^^;

 

箱根駅伝 関連記事

箱根駅伝2018 エントリー選手の出身高校・学年・出身地まとめ!