2017年11月8日(水)群馬県でヘリコプターが墜落し4名の死亡者が出ています。

群馬県のヘリ墜落事故の現場場所はどこなのか?

調べてみました。

スポンサーリンク


群馬県ヘリコプター墜落現場の場所はどこ?

場所は群馬県多野郡上野村ということ。

位置関係 地図がこちらです。

 

乙母神社(おともじんじゃ)近くの橋の上に墜落しました。

群馬県多野郡上野村乙母293

 

近くの橋の画像がこちらです。
住居附沢川にかかる『藤沢橋』です。

 

 

橋の反対から見た画像です。神社の鳥居も見えます。

この『藤沢橋』の上にヘリが墜落。

 

群馬県の上野村といえば・・・1985年御巣鷹山の日本航空123便が墜落した村でもあります・・・。

 

群馬県上野村のヘリ墜落した日・時間は?

2017年11月8日(水)

ヘリコプターが墜落したといわれる時間は、午後2時半ごろです。「ヘリコプターが墜落した!」と通報がありました。

 

 

午後2時半ごろに墜落し炎上。
ヘリの墜落を目撃した人もおり通報されています。

警察や消防が現場へ急行。
炎上したヘリは午後3時20分ごろ鎮火しました。

 

墜落したヘリは何?東邦航空 機種は?

墜落したヘリの機種は東邦航空が運航するAS332


*画像引用:https://flyteam.jp/photo/1578460

19人乗りの大型ヘリコプター『スーパーピューマ』でした。

ヘリには東邦航空の社員4名が乗員されていました。

  • 機長(60歳)
  • 整備士(50歳)
  • 整備士(27歳)
  • 整備士(22歳)

 

目撃した人は「とても低いところを飛んでいると思って見ていたら落ちた」と話しているということです。

ヘリコプターは物資を輸送中で、山梨県早川町から約1時間半かけて栃木県芳賀町のヘリポートへ向かっていました。

山梨県早川町から栃木県芳賀町の位置関係と、ヘリの墜落場所(上野村)が赤丸の位置にあります。

 

亡くなられた方のご冥福を心からお祈りいたします。