自宅周辺地図 書き方は印刷するか手書きするか?その方法やり方はこれ!

学校では、新学期になると必ず『通学路』を確認するための
校区の地図を渡されます。

保育園・幼稚園・小学校・中学校・高校でもありますね。

 

会社(勤務先)からも入職時の書類にあったりします。

今回は、自宅周辺地図の書き方をまとめて紹介します!

 

スポンサーリンク

自宅周辺地図の書き方は?白紙だった場合

 

初めての場所へ向かうとき、紹介した地図が分かりにくいと、迷ってしまい苦労します。スムーズにたどり着けるかどうかは、地図の出来具合でほとんど決まるので、誰かに自宅周辺地図を伝えるときは、『分かりやすさ』が必要になります。

 

特殊な才能は必要ありません。

 

 

この通学路の確認はいいのですが
「通学路の略図を書いてください!」
と、白紙の状態に書けと言われた場合が一番困りますよね。

 

他にも、会社に入社した時や、転勤などで引っ越した時、転職して会社が変わったときなど、会社から通勤経路図・通勤経路の略図の提出を求められる事ってありますよね。

 

通学路の確認でも
地図に赤ペンで書き込むタイプなら
サラサラ~~と終るんですが^^;

 

しかし、地図を書くことに慣れていない人や転勤して間土地勘がない時など。

 

通勤経路図・通勤経路の略図を書くことが難しいと思っていませんか?

 

『自宅周辺地図の書き方』
『通学路 略図』
『通勤路 略地図』
についての情報です。

 

スポンサーリンク

自宅周辺地図は手書きで書く!

家庭訪問などの目的もあり
「自宅周辺の略図を書いてください」
と学校から言われた場合・・・・

 

手書きで書きます。

 

自宅の位置は上か下か?

正確な手書き地図の書き方は
「出発地点を下側に、目的地を上側に」描くこと
だといわれたりもしますが・・・

 

そんなに正確にしなくても、自分のイメージで書いて大丈夫です。

 

自分の自宅より北に目的地があるなら、目的地を上に書き、自宅より目的地が南にあるなら、目的地を下に書きます。

 

それが書きやすいので。

 

自宅と目的地を目立たせる

(画像引用:http://www.st.rim.or.jp/~k-kazuma/IE/IE602.html)

自宅周辺地図を書く場合、まず大事なのは『自宅』と『目的地』をはっきり目立たせることです。
地図を見た人が、パット見、すぐにゴールである『自宅』がどこかわからないと混乱されます。

 

自宅と目的地をはっきり目立たせるためには
太線で囲ったり
中を塗りつぶしたり
中に斜線を書いたり
大きな矢印をつけたり
『自宅』だとわかりやすく書いたりします。

 

経路の分岐点の特徴いておく

自宅から目的地までの途中に何カ所かの分岐点がある場合は、どの分岐点で曲がるかを示す目印を加えておきます。

 

道の曲がり角にあるお店(看板・ポスト・信号)などの情報を書いておきます。

 

途中にある大きな目印を書いておく

自宅と目的地の間や
自宅周辺にあるより有名な場所やお店などがあったら、書いておきます。

 

すると、見た人がそのポイントであなたの自宅の場所の位置がなんとなく把握できるでしょう。

 

 

 

しかし!!
できあがったものは驚くほどアベコベ(笑)
「この道とこの場所はつながってるのに、
位置がおかしいわ~^^;」
何てことに。その場合は以下の作戦でどうぞ。

 

結構簡単に書いてもいいんですよ。^^

 

スポンサーリンク

自宅周辺地図は地図を写そう

一番正確に通学路の略図を書きたいときはインターネットを使いましょう。

 

①インターネットで自宅のある住所を検索窓に入れ
検索します。

②自宅周辺の地図がいろいろなサイトで公開されています。

 

オススメなのは
『グーグル・マップ』です。
こちら
③グーグルマップを開き、自宅を表示させます。(いま自宅にいる場合は、自動的に現在地として表示されると思います)

 

『経路』をクリック

行き先を入力する。(学校名や会社名)

経路が表示される。

 

距離や、道順まで教えてくれる。

 

 

④それを手書きで写すのです!
自分の頭で考えて書くより
地図を見て写す方が、正確に書けるでしょう。

 

 

自宅周辺地図を印刷して貼り付ける!

 

しかし上の地図を写すという方法で「なんだ~、結局アナログかよ~」と思われた方には、さらにハイテクな方法をご紹介。
↓ ↓ ↓ ↓

 

グーグルマップでルート検索する

その画面を印刷し、地図をプリントアウトする。

 

 

切り取って、通学路の略図としてプリントに貼る。
(自宅の位置を示しておく)

 

これが一番分かりやすいと思います。
地図のツールは『グーグルマップ』以外もありますがなどなんでもOK!

 

学校の先生とお話ししていた時、この話がでて
結構、地図を貼り付けている方もいますとのことでした。

 

私の姉いわく

「みんな印刷して貼り付けてるよ~」

との軽い回答でした^^;

 

しかし!
やっぱり手書きするべきかな~^^;と思う場合は
スマホやネットなどで地図を表示して
それをお手本に見ながら
手書きで書いていく!という方法もいいですね。

 

こちらの本の情報も使えるかも↓↓
略地図の書き方
印刷なら頭で想像するより楽ですね^^

 

自宅周辺地図で新築したばかりの人の裏技

この方法はかなり限定者しか使えませんが、マイホームを建築した方は、施工会社などが作ってくれた「自宅の場所が紹介されているプリント」などがあるかもしれません。

 

もし、そんなプリントがあったら、そのプリントを一部切り取って、学校のプリントに貼り付けるという方法もありますよ。

 

 

小学校~中学校~高校~となるにつれ
地図の範囲が広くなって、略図が書きにくくなるので
皆さんがんばりましょうね^^;

 

スポンサーリンク

 

広告チラシに地図のお手本があった!

(画像引用:https://www.lancers.jp/work/proposal/7121)

 

自宅周辺地図の書き方ですが、手書きで書く場合に、とても参考にできる『お手本』があります。

それは・・・チラシなどに書かれている、自宅周辺の略図です。

 

家の近所のお店などのチラシを見た時に、その場所を伝えるために『地図』がついていることがあります。

 

それには、とてもわかりやすく主要なスポットや大きな道路などを書かれていて、道の角度とかもすごく参考になります。

 

それを参考に書くと『手書き地図』は正確さが増して、よりわかりやすく書けるでしょう!

 

 

自宅周辺地図の利用目的は何?

そもそも、なぜ自宅周辺地図を提出しなちゃいけないのか!?

書く方は面倒くさい作業なので、その理由や目的を知っておきましょう。

 

 

学校への書類の場合

学校が生徒の自宅の場所を把握することで、何かあった時に使われるため

 

家庭訪問の時に利用されるため(初めての場所へ向かうとき、紹介した地図が分かりにくいと、迷ってしまい苦労しますので)

 

校区のどこの位置に自宅があるかによって、小学校(中学校)校区などを知るため

 

校区のどこに自宅が位置しているかによって、通学手段(自転車やバイク)の利用可否を判断するため。

 

 

勤務先(会社)の書類の場合

住所や自宅までの位置関係を確認することで、従業員の通勤費(交通費)の計算に使われるため。

 

従業員が通勤中に交通事故にあった場合、労災の保険から保険金が支払われます。

そのため、自宅と会社までの通勤経路をあらかじめ申告しておき、証明することで補償されるのです。

 

『自宅周辺地図の書き方』についてでした。
 

あわせて読みたい