2017年10月22日に投開票が行われた衆議院選挙の調査業務をしていたNHK委託バイトの男性(29歳)が車で帰宅途中に水没し、台風被害で亡くなる事故が発生していました。

選挙と台風が重ならなければ・・・

亡くなった29歳男性の名前と衆院選挙の活動場所と車の水没事故の場所を調べてみました。



亡くなった29歳男性の名前と職業は?

事故が発生した日時は2017年10月22日(土)午後11時半すぎ、
水没していた車内から遺体で発見されたのは翌日の10月23日(月)午前6時25分ごろでした。

 

大型の台風21号が日本全国に被害をもたらした日に、衆議院選挙の投開票が重なった日でもありました。

亡くなった男性はまだ若い29歳。

お名前は山口貴大さん。(三重県玉城町久保在住)

 

お仕事は正確には不明ですが、NHKが委託した会社のアルバイトをされており、事故当日は衆院選投開票報道の関連業務にあたられていました。

 

  • 投票所での出口調査
  • 開票状況の報告

の業務をされたようです。

 

NHK委託アルバイトの男性が業務していた投開票所の場所は

三重県大紀町の投票所でした。

 

遺体が発見された事故現場の場所と住まいの位置関係は?

選挙の業務現場:三重県大紀町

自宅:三重県玉城町久保

事故現場:三重県度会町の県道脇

 

この3箇所の場所を調べると、このような位置関係になります。

 

3箇所の正確な場所はわかりませんが、赤丸で囲った場所が、水没していた乗用車が発見された事故現場の『度会町』です。

 

帰宅ルートはわかりませんが、グーグルマップのルート検索では、距離が37.9km、車で53分もかかる帰宅距離・時間となります。

自宅から職場まで遠かったんですね。。。

 

事故当時の台風による大雨の状況は?

県警伊勢署によると、現場道路は台風の影響で約3メートル冠水。

山口さんが水没した車中に閉じ込められたとみて調べてられています。

台風21号は三重県や奈良県など紀伊半島の広い地域で河川の氾濫の危険性が高まっていました。

 

 

*画用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00010004-wmap-soci

 

この雨量を見ると、三重県の降水量がいかに多かったのかわかりますね・・・

衆議院選挙の投開票は、関係職員の負担も考えないといけなかったですね・・・

 

亡くなった男性のご冥福を心よりお祈り致します。