2017年7月23日の「行列のできる法律相談所」に俳優の高橋英樹さんが出演。

 

高橋英樹さんが自宅にある物をほとんど断捨離して捨てられ、行列では断捨離してスッキリした自宅の公開写真(映像)もあったんですが、広々としてましたね。

 

『断捨離』というか『終活』という意味もあり、自宅の物を売りに出した高橋英樹さんなんですが、その量がものすごくて!

 

高橋英樹さんの断捨離した自宅公開写真をご紹介します。

 



高橋英樹 断捨離の理由は!

高橋英樹さんと言えば、元フジテレビアナウンサーの高橋真麻さんのお父さんですね。俳優としても大物級でありながら、バラエティ番組でも活躍されており、幅広い世代で知名度も高い芸能人です。

こちらは『遠山の金さん』の高橋英樹さん。かっこよかったですね!

高橋英樹さんが行列のできる法律相談所で、自宅の荷物を大量に断捨離したと話されていましたが、『終活』として行ったということでした。

 

「友達も『終活』で荷物を整理している人が多く、自分もやろうと思った」

 

「僕らの仲間がなるべく60代のうちに家の中を片付けておきなさいって言ってて」

 

「自分にとっては思い出の品。これはあの時に買った!これはあの時の写真だ!とか思うんだけど、子供(高橋真麻)にとっては何の価値もない。だったら今のうちに片付けておいたほうがいいと、皆が言い出している」

 

「70歳を超えたし、うちにある物を全部処分しましょうと。今は最低限よりないですね」

 

と言われていましたが、同じ俳優の中尾彬さんも終活を夫婦でやっているという話も有名なので、中尾さんの影響もあったのかも。

 

高橋英樹さん、現在の年齢は73歳です。

 

大病を患っているとかもないし、お元気そうですが、これまで集めてきた高価な自宅の物に執着せず、きっぱり断捨離に踏み切るところがいさぎよいな~と思いました。

 

高橋英樹 断捨離後の公開写真

行列では実際にすっきりと何もなくなった自宅を公開されていました。

高橋英樹 断捨離した荷物の量は

高橋英樹さんの大きなお屋敷にあった33トン分の物を断捨離実行

「ゴミ屋敷に近い量の物があった」

 

でも業者さんの荷物引取りのやり取りも紹介されていましたが、800万円で買った高級な棚を査定してもらうと「これは5000円ですね」と言われ、

 

一つ数万円した茶碗がお揃いで4つあっても「箱はありますか?ないなら値段がつかないので0円」だと業者さんに言われたのです。

 

それを聞いて『この業者は詐欺か?』とも思ったんですが、古物の査定ってこんなもんなのかもしれませんね。

 

高橋英樹さんも「いまは古いものは売れないということなので」と納得されていました。

 

娘の真麻さんや、高橋英樹さん夫婦に欲があったなら、オークションに出して高値で買い取りもできたと思います^^;

 

4トントラック1台分、購入した時に約1億円だった品物が『10万円』で査定されたのです!

 

結局、33トン分の荷物を業者に処分してもらったのです!さらには、その処分料として100万円がかかったということ。

 



高橋英樹 断捨離しすぎて困った!?

あまりに大量の断捨離をしてスッキリした自宅でしたが、たしかに捨て過ぎて困ったそう

「なんでもいいから全部なくそう!と思って大量に処分したので・・・今、ボチボチ買ってますけど」笑

高橋英樹さんが最後にアドバイスした言葉は・・・「なるべく広い家は建てないほうがいいですよ」と。

これ高橋英樹さんだからイヤミに聞こえませんけどね^^;

高橋英樹さんが断捨離したお宝とは

ネクタイはエルメスだけで150本

高橋英樹さんは奥さんと「最終的にはどこの老人ホームに入ろうか?」という話もしているそうです。

娘の高橋真麻さんは幸せだし、最後まで愛されていますね~!