いじめ・不登校

吉藤健太朗さん「折り紙」が孤独とひきこもりを救った!分身ロボット「オリヒメ」誕生秘話

吉藤健太朗さん(別名:吉藤オリィ)

日本や世界で注目の分身ロボット「オリヒメ」
を開発した吉藤健太朗さんです。

OriHime(オリヒメ)理念

「その場にいる」ような コミュニケーションを実現します。

*多くの人と病気や障がいを持つ人々の喜びや仕事のサポートをするロボットなのです。

このロボットの誕生秘話には吉藤健太朗さんの逆転人生がありました!

コミュニケーションが大の苦手で、人付き合いに悩み、小学生・中学生時代には3年半ひきこもり・不登校。

しかし今ではアメリカの経済誌で紹介されるほどのビジネスリーダーであり、「ロボットコミュニケーター」として日本を代表する存在に。

折り紙で天才的な才能を開花させたのです。

せしる
せしる
2020年2月10日放送のNHK「逆転人生」より、吉藤健太朗さんの驚きの人生ストーリーをまとめました。

*吉藤健太朗さん分身ロボットカフェの開催場所と日時の情報はこちら

 




 

吉藤健太朗さんプロフィール

項目 プロフィール
名前 吉藤健太朗
生年月日 1987年11月18日
年齢 32歳
学歴 奈良県立王子高等学校卒業。
詫間電波工業高等専門学校(中退)。
早稲田大学創造理工学部へ進学。
肩書 ロボット研究者、実業家
会社 (株)オリィ研究所代表取締役所長
教授 デジタルハリウッド大学大学院特任教授
開発 分身ロボット「OriHime」
その他 吉藤オリィと名乗る。

 

会社の場所
東京都 港区芝5-1-13 三ツ輪三田ビル6F

 

吉藤健太朗さんの逆転人生

 

黒い服装。
これは黒い白衣。
物が入る服になっている。
傘も入っているw
折り紙も入っている。

小学校3年生から創作折り紙を作った。

 

吉藤健太朗さんと折り紙

折り紙が逆転人生に関わっている。

同級生からも驚かれるほど折り紙が上手かった。

折り紙は友達と仲良くなる手段でもあった。

しかし体が弱く、運動も勉強も苦手。

しかも、じっとできないかった。授業もじっとしてられない。

 

とにかく折り紙だけできた。

 

ひきこもり・不登校に

高学年になるとクラスで浮いた存在になった。

 

サッカーや野球にも興味がなかったので折り紙をやっていたら、友達にもうけいれられなかった。

 

小学5年生の時、病気で半月ほど学校を休む。

 

これをきっかけにひきこもりになってしまった。

 

時計の針をずっと見るだけ。

どんどん精神的に追い詰められていた。

 

社会のお荷物だと思って、絶望していた。

 

そんな中にも折り紙だけが心の拠り所だった。

 

孤独な折り紙作りが気づけば3年半続いた。

 

人と合うとうまく話せなくて、会いたくなくてどんどん引きこもっていった。

 

山田ルイ14世(お笑い芸人)も6年間ひきこもっていた経験があるという。

 

学校からプリントがくると辛かった。

 

先生が気にかけてくれていることも辛かった。




 

吉藤健太朗さんの転機!ロボットとの出会い

中学1年のときに母親が子ども向けの手作りロボットコンテストの応募し、初出場にして優勝した!

 

もっとロボットについて学びたい!

地元の工業高校でロボットを作っている先生のところへ進学。

顧問をしていた先生の部活へ入る。

 

電動車椅子を作ることに。

 

久保田憲司先生。

 

友達とグループでやることができなかった。

 

基本的な人間関係の大切さを先生が伝えてきたが、できなかった。

 

そんな中、ずっとやってきた折り紙を披露したら人集りができた。

 

折り紙が生み出した能力とは

空間認識能力を高めたのだ。

エンジニア能力が高まったのではないかと恩師はいう。

折り紙は1枚の紙を折って、2回折ると部屋が4つできる。

折りながらセルができてくる。

奥行きや三次元ができてくる。

こんな風にして空間認知能力が高まってきていたのだ。

 

折り紙を通じて、科学的なものの見方ができるようになっていたのだ。




 

吉藤健太朗さん使命が見つかる!

部活動の延長で、近所の高齢者宅を訪ねた時、日常生活の困ったことを聞いていた。

高齢者「なにするにも一人で大変だ。一人で寂しい」

孤独を感じていた。

これはかつての自分と一緒じゃないか!

自分だからこそできることがあるんじゃないか。

 

孤独を救うロボット開発へ

高校卒業後、高専へ進学。

 

ロボット開発のコンセプトは孤独をなくすロボット。

AIを組み合わせた。

 

人間はコスパ悪い。

人工知能を作ることによって、ロボットが一緒に暮らせれば孤独ではないんじゃないか。

 

しかし、壁にぶつかった。。。

 

ロボット開発で、人がどう喜ぶかわからなかった。

 

どうやって他人とコミュニケーションをとればいいかわからなかった。

雑談を作るロボットなのに、雑談がわからなかったのだ。

 

人が怖いし、人と比較するので人が怖い。

ヒソヒソ話も怖かった。

人見知りは最高の才能だからとタモリさんが言った。
優しい証拠だと。人を気遣うから。

極度の人見知りで周囲から取り残されていた。

 

吉藤健太朗さん早稲田大学へ

ある電話が鳴った。

 

電話は渡辺健一さんだった。

 

早稲田大学へ推薦したいと言われた。科学技術の世界で活躍している人材がなかった。

 

早稲田はロボット研究では日本トップクラスだった。

 

東京へ行く。

 

これまで避けてきた人付き合いを徹底的にやってみようと決めた。

 

友情も情熱もわからないのはいかんと思った。

 

社交ダンスサークルへ。文字通り社交性が身につくかなと思った。

 

どうしても会話についていけず・・・3ヶ月で退部。

その後も長続きしなかった。

失敗することはあるけど、失敗を積み重ねようと思った。

「恥しいとか関係ない。何を言われても気にしないようにしよう」と思っていた。

 

目的があると大胆に行動できる!

 

5万人近い学生がいるので変わった衣装をしているを突っ込んでくる人間も中にはいた。

友達ができた!

友達作りに苦労しながら、ある出会いがあった。

地元のキャンプ場でアルバイトしていた時に知り合った友達がいた。

 

友達「正直第一印象からドン引きしました」

 

なぜなら、吉藤くんは折り紙を出会い頭で折って、相手の心をつかもうとしたのだ。

立派なバラの折り紙だった。

(吉藤オリィさん・バラの折り紙)

友達「最初はこの人大丈夫かな~?」と思ったそう。

 

吉藤さんはキャンプ場で住み込みのアルバイトを始めた。

 

キャンプ場には休日は多くの家族連れがくるのでアルバイトのチームワークが大切だった。

バイト生同士、みんなが本音でぶつかっていった。

吉藤「あかんところは本音で言ってくれ」
そしてかけがえのない友情ができてきた。

 

吉藤「俺ロボットを作って、孤独を消したいねん」

友人「やれるで。がんばれ」

人生始めて友情や情熱という概念を理解できた。

損してもいいと思える気の合う人ができた。

大きな価値を感じた。

 

 

この気づきを元に、孤独を消すロボットの開発を再開した。

 

人と人をつなぎ、いつもお互いがつながっているようなロボットを作ろうと思った。

 

奨学金も開発につぎ込んで、もやしと水で生活した。

 




 

分身ロボット「オリヒメ」誕生!

分身ロボット

 

OriHime(オリヒメ)

 

人間にもうひとつの体をつくった。

オリヒメを起動。

画面に映る。

ロボットに乗ってる感じがする♪

 

完成当初、その評判は散々だった。

 

大学の講師に見せに行ったけど、会話するならテレビ電話でいいんじゃないかな」と言われた。

思いがけない反応に途方にくれた

 

研究だとしたらFクラスだと言われた。

 

しかしそこから逆転を遂げる!

 

とある友人からの提案がきっかけに。

 

結城明姫さん

 

秀才の女子だった。

 

強く共感してくれた。

 

結核で3ヶ月隔離入院した経験があったのだ。

 

孤独を経験していた。

 

日本一の研究者だったのに、研究を捨てて手伝ってくれることに。

 

そしてビジネスコンテストに参加し、優勝したのだった!

 

患者さんの孤独を救うAIロボット!

ある病院でオリヒメを試してみたいという患者さんがいた。

白血病と闘う小学生の男の子だった。

無菌室にいて両親も中に入れず、孤独な毎日を送っていたのです。

 

試しオリヒメを1週間貸し出すことになった。

 

その4日後。

電話がかかってきた。

 

看護師さんからだった。

 

男の子と家族が、オリヒメをとっても喜んでくれていたのだった。

 

その時の感想では、「テレビ電話と違ってオリヒメが実際に動くので感動した」と言われた。

 

オリヒメを介して男の子は家族と一緒にいられる感覚になれたのだ。

 

オリヒメは動くので相手のリアクションが伝わり、すごく温度感を感じられる。

テレビ電話と違うのは、手元にあるロボットがリアクションするからだ。

 

手が動いたりして。




 

分身ロボット「オリヒメ」会社でも活躍する

この成功で自信をもち、ついに株式会社を創設!

 

国内外でオリヒメが使われるようになった。

 

オリヒメを通して会議や結婚式に参加することもできる。

 

働き方改革によって、会社に行かないでオリヒメで出社する社員もいる。

オリヒメを導入する企業が現在80社に登る。

 

その場にいなくても一緒に仕事をする体感ができた。

 

かつて孤独を感じて折り紙をしていた自分が、今は孤独を癒やすロボット作りをするようになった!

 

「情報に価値があるというけど、やはり人がいることに価値があるんです。」

 

人のつながりがなくなった孤独を経験した人間からすると、このロボットの価値がよくわかる。

 

むちゃくちゃ科学的な開発なのに、最後に生み出したのは“心を支えるもの”だったのだ。

 

吉藤さん「人との関わりに憧れをもっていた人間なので、人と関わって道を作ってくれた。出会いがあってよかった。」

「孤独」は消せる。


2019年10月、孤独の解消に向けて新たな取組を始めた。




 

 

分身ロボットカフェの開催場所と日時は?

ロボットを通じて働くという体験。

カフェの名前「分身ロボットカフェDAWN Ver.β」

開催場所「東京都渋谷区宇田川町21-6 QFRONT 7F」

開催日時
2020年1月16日(木)〜2020年1月24日(金)

特設ホームページ⇒こちら

 

筋ジストロフィーの中島さんがオリヒメを通してアルバイトしているのだ。

 

いままで狭かった世界がどんどん広がってきた。私にとってはどこでもドアのような存在




 

吉藤オリィさんの活動と名言と本

せしる
せしる

吉藤健太朗さん(吉藤オリィさん)の著書がこちらです。

「孤独」は消せる。


 

サイボーグ時代 ~リアルとネットが融合する世界でやりたいことを実現する人生の戦略~

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください