点滴中毒死の大口病院の犯人
元看護師の久保木愛弓インタビューや出身高校は?

 

久保木愛弓 元看護師の顔 画像

ぽっちゃりした女性です。

年齢は31歳。

なぜ20人以上の点滴に消毒液を入れたのか?
動機も非常に気になります。

 

先月末から警察が任意で取り調べを行っていて、「死刑も覚悟している」と言っています。

大口病院(現:横浜はじめ病院)でおととし2016年に起こった事件です。

 

2018年7月7日逮捕正式に逮捕されました。

 

複数の患者に同様の犯行を行っていました。

久保木愛弓容疑者は「20人ぐらいに消毒液を入れた」と犯行を認めています。

 

 

大口病院の犯人看護師の久保木愛弓インタビューある?

 

久保木愛弓
(読み方:くぼきあゆみ)

やはり・・・看護師が犯人じゃないか?という世間の声はあたっていました。

 

この大口病院の点滴中毒死事件ですが、一昨年の2016年9月に話題になった不可解な事件でした。

 

大口病院の場所は?


神奈川県横浜市神奈川区

大口病院

現在の病院の名前は『横浜はじめ病院』です。

 

大口病院では事件後の平成28年10月に市が立ち入り検査を行い、薬品保管庫の施錠の実施や防犯カメラの増設など13項目の指導項目の改善を指示。

 

大口病院では事件後、防犯カメラを12台以上増設するなどの対応が実施されてきた。

 

昨年9月から12月にかけ、複数回にわたり産経新聞のインタビューに応じ、「犯人が早く捕まってほしい」「自分が犯人といわれて悲しい」などと話していました。

 

 

産経新聞が久保木愛弓容疑者にインタビューしていた!

以下は産経新聞が久保木愛弓さんに行っていたインタビューの主な一問一答です。

平成29年9月11日

 

Q、事件から1年。犯人が捕まらないなか、関係者としてどんな気持ちか?

 

2016000000

発覚してからショックを受け続けている。一部のマスコミから私が犯人じゃないかという情報が流れた。その理由が、私が『変わり者』ということらしく、他人の飲み物を飲んじゃったり、なんだかんだと言われたりしている。そんなことはやっていないのに、誰がそんなことを言ったんだろうと思っている。患者さんが病院で殺されてしまうということ自体がショックで悲しかった。それに加えて、私が犯人じゃないかと疑われて…。みんなが自分をそういう目で見ていたのかなと思うとすごくショックだ

久保田愛弓容疑者

Q、犯人に対して思うことは

2016000000

早く捕まってほしい。事件当初は自首してくれないかなと願っていた。ただ、ここまで自首しないということは、おそらく、今後もすることはないだろうから…

久保田愛弓容疑者

Q、事件前後で記憶にあることは

2016000000

報道されている通り。ペットボトルに針とか。そういったことがあったときに、病院がすぐに動いていればよかったのにと思う

久保田愛弓容疑者

 

Q、事件前には、病院内でナース服が何者かに切り裂かれたり、看護師の飲料に薬物が混入されたりなど、おかしなことが相次いでいたようだが、看護師間ではどんな話がされていたのか

2016000000

立て続けに変なことが起こるので、やはり防犯カメラを付けてほしいと。そしてまず、何かが起きたときにちゃんと警察に入ってもらって、丹念に調べてもらったほうがいいということ。そうじゃないと、『自分たちも仕事をしていて怖いよね』という話が出ていた

久保田愛弓容疑者

 

大口病院の犯人『久保木愛弓容疑者』出身高校は?

 

神奈川県立秦野曽屋高校出身

年齢:31歳

生年月日:1986~1987年生まれ

住まい:横浜市鶴見区上末吉

 

 

 

大口病院の久保木愛弓容疑者の犯行動機は?

 

久保木愛弓容疑者は犯行の容疑を認めています。

犯行の動機はまだ公表されていませんがこれからわかってくると思われます。

 

異常犯罪・サイコパス的な精神状態としか思えませんが・・・

 

インタビューでの受け答えはしっかりした話し方です。

 

亡くなられた患者様のご冥福をお祈り致します。

 

【追記】

犯行動機について

2016000000

容態の急変を見るのが嫌で、自分がいない間に亡くなってほしかった。

家族への説明も嫌だった。

久保木愛弓容疑者

看護師としてあるまじき考えですね・・・。