濱田龍臣が溺愛する弟がかわいい!土屋太鳳をお姫様抱っこしたい

 

人気子役として幼少期から活躍してきた俳優の濱田龍臣(たつおみ)さんはもう高校生。

 

濱田龍臣さんが2018年8月4日のメレンゲの気持ちに出演されました。

 

現在の年齢は17歳。高校3年生です。

最近だとドラマ『花のち晴れ』にリアル高校生役で出演していましたね。他には嵐の大野くんが主演を務めたドラマ『怪物くん』のときの子役時代も印象的です。

 

そんな高校生になった濱田龍臣さんの弟や土屋太鳳さんとプライベートな話が紹介されました。

 

 

 

濱田龍臣が土屋太鳳をお姫様抱っこしたい発言

 

濱田龍臣さんが「土田太鳳さんをお姫様抱っこしたい。」とメレンゲの気持ちで言われました。

「どういうこと?」って思いますが、なかなかかわいい話でした。

2人は9歳くらいのころお仕事で初共演。

NHK大河ドラマ『龍馬伝』にて坂本龍馬の幼少期を演じた濱田龍臣くんと土屋太鳳さん。
(土屋太鳳さんは当時14歳で坂本乙女子役でした)

 

映画「PとJK」の公開1ヶ月記念スペシャル上映イベントにいらしてくださった方々、そしてドラマ「兄に愛されすぎて困ってます」第3話を観て下さったり興味を持って下さってる方々、本当にありがとうございます…!お伝えしたいことがたくさんあるのですが、まずは今日すっごく驚いたことが…え、待って?ウルトラマンジード…たっちゃんウルトラマンになるの!?大河ドラマ「龍馬伝」と「ウルトラマンゼロシリーズ」で共演した濱田龍臣くんがウルトラマンジードの主人公を演じるというお知らせに、すっごくドキドキしています…!しかも175センチて何?身長差逆転しちゃった…しかもベリアルの息子なの?てかベリアルいつ結婚してたの!?!?ゼロのパパのセブンといい、ウルトラマンっていつ結婚してるんだろう…ということで土屋太鳳としてもエメラナ・ルルド・エスメラルダとしても大混乱してるので、とりあえず初代ゼロの小柳友さんとナオ姿のたっちゃんの懐かしの写真を!ちなみに写真は当時のブログからのもの!笑 実はここ、昨日、映画「PとJK」の舞台挨拶をさせていただいた新宿ピカデリーなのです♪ ジードのアクションを担当するアクターさんは誰かな…やっばい!!!めっちゃ楽しみ!!!!!!!!

土屋太鳳さん(@taotsuchiya_official)がシェアした投稿 –

 

濱田龍臣さん土屋太鳳さんはその後「ウルトラマンゼロシリーズ」でも共演。

 

濱田「太鳳ちゃんにお姫様抱っこされている写真があるので、今は逆に太鳳ちゃんをお姫様だっこしたい。」と発言。

濱田龍臣さん2000年8月27日生まれ(17歳)
土屋太鳳さん1995年2月3日生まれ (23歳)
太鳳さんが6歳年上ですね。

 

現在の身長は
濱田龍臣さんは178センチ
土屋太鳳さんは155センチ
です。

 

もう高校生の濱田龍臣さんは土屋太鳳さんを抱っこできますね!

2人の共演作『ウルトラマンジード』


ちなみに2人はそれから7年くらい会っていないそうです。

 

 

濱田龍臣さんは弟は14歳年下でかわいい!

 

 

濱田龍臣さん「弟にウルトラマンの英才教育をしてるんです。」

 

ウルトラマンが大好きだった濱田龍臣さんは、そのウルトラマンジードの主人公を演じることに!

濱田龍臣さん「自分でもびっくりしたけど16歳の時に主役の話がきた。」とのこと。

 

弟はいまの年齢は3歳

現在3歳の弟さんは14歳年下ということで、とっても溺愛している様子が話からも伝わってきました。

 

「年齢の割には大きい弟んですよ~」と。

 

超かわいい弟。
名前は龍也(りゅうや)くんといいます。

はまだりゅうやくんがメレンゲでも自宅の様子がVTR出演。

 

「人見知りもしないし、よく喋るんです。」とお兄さんである濱田龍臣さんが言うように、とっても可愛くてハキハキと話てましたね~♪

 

 

 

 

濱田龍臣の彼女は?休日の過ごし方


 

恋愛関係は?
「好きな女の子はいない」

どんな子が好き?
「もてないし、普段はオタクなんで外にでて日に当たるのが嫌い。
10~11時に起きてゲームしたりしてゴロゴロしてる。
自分発信では出かけないタイプ。」

と答えられました。

 

 

濱田龍臣さんエゴサーチしてた!

 

週に5日はエゴサーチしてる。3時間おきにエゴサーチしてる。

 

エゴサーチとかメンタル強いんですね~!

 

エゴサーチをやる理由を聞かれると・・・

 

  • 自分の行動がどう見られてるのか気になる。
  • 褒めてもらえるのはうれしい。
  • 簡潔にディスられてると落ち着く。
  • ケツアゴ草生える・・・とか言われていたり。
  • 価値観が違うんだな~と思う。

 

さすが子役からの俳優だった!

 

「台本覚えは誰にも負けない。」

頭の中で台本を2個想像しているとのこと。
「絶対忘れない。他の人のセリフも覚えている。」ということ。

 

さすが子役時代を経て役者を続けてきた濱田龍臣さんならではのプロフェッショナルぶりを垣間見れました!顔が童顔でかわいいんですが、しっかり大人の男性になっていってるんですね。