競歩の山西利和選手の京都大学学部や卒論テーマ!就職先の職業は?

東京オリンピックの競歩選手に内定した「山西利和」選手

読み方:やまにしとしかず
年齢:23歳(2019時点)

 

2019年10月5日に開催された陸上世界選手権男子20Mで日本人史上初の金メダルを獲得!

東京オリンピック競歩選手として内定されました。

そんな山西利和選手は京都大学卒の頭脳派アスリートとして話題になっています。

そこで、山西利和選手がどんな京大生だったのかと、現在の就職先をまとめてみました。

 

 

 

山西利和選手は京都大学卒の頭脳作戦!

 

“頭脳派ウォーカー”と称賛される中西利和選手。

過酷な環境の中で金メダルを獲得した背景には、緻密な戦略があったのです!

 

陸上世界選手権男子20Mはカタールのドーハで開催。
気温32℃湿度77%という蒸し暑さの中
夜の11:30にスタートします。

 

【頭脳作戦1】

7Km地点で首位に。
終盤に強い海外選手への対策で、序盤でリードしておく。

 

【頭脳作戦2】

徹底した暑さ対策!
山西選手のコーチ陣が、定期的に濡れた帽子に交換してもらう。

酷暑でのレースなので、いかに効果的に身体を冷やせるかサーモグラフィーやデータを見て研究されたのです!

 

こちらはガイアの夜明けでも紹介されたランニングキャップ[Speed(ユニセックス)] です。

【Airpeakの着用アスリート】
鈴木雄介選手(競歩)
山西利和選手(競歩)
丸尾知司選手(競歩)


 
山西利和選手は完走後のインタビューで
「僕一人の力ではないですし、恩返しのできるレースであったらな嬉しいです。」
と話されました。

 


 
【頭脳作戦3】

就職後の現在も、自分でプログラミングしたものでデータを管理。

練習メニューやタイムを記録されています。

 

この他、自分の歩きのデータを日誌にも手書きで記録され振り返られています。

 

【頭脳作戦4】

美しいフォームにすることが一番速くなるという結論!

身体の中心の軸がほとんどぶれない歩き方。

なのでレーズ終盤でもフォームが乱れず安定したスピードを維持できていました。

 

 

山西利和選手の出身高校

 

出身地は「京都府長岡京市」

出身高校は「京都市立 堀川高校」です。

場所はこちら

 

京大卒の山西選手の出身高校なので、
偏差値72

京都では洛南高校につぐ偏差値トップクラスの高校です。

 

堀川高校時代も競歩で
インターハイ優勝。
世界ユース選手権1万Mで金メダル。
を獲得されています。

文武両道ですね!

 

山西利和選手の京都大学時代

 

大学は国立の「京都大学」へ現役で合格。

 

学部ですが「京都大学工学部物理工学科」

現在の職業にもつながる理系男子ですね~。

 

山西利和選手の卒業論文のテーマ
『部分空間同定法を用いた、信号の周波数推定』

 

全く意味がわかりませんがw

音の振動を解析する研究とのことです。

 

 

 

山西利和選手の就職先は?

 

就職先は「愛知製鋼」(あいちせいこう)です。

 

場所はこちら。
愛知県東海市荒尾町ワノ割1

 

山西選手の所属は「部品開発部 企画管理グループ」

 

住まいは会社の寮に一人暮しされています。

 

2020年の東京オリンピックで競歩レースが行われる場所は皇居周辺となっています。
これからの活躍が大いに期待される選手です♪
応援しています!