部活を辞めたいと言い出した時、保護者や中学生高校生へのアドバイス!

中学生、高校生の部活動。
いろんな理由があって「部活を辞めたい…」と思うこともありますよね。

親御さん(保護者)の立場だったら、「部活を辞めたい…」と子供さんが言い出したときに、どんな反応をしたらいいか悩みます。

 

そこで今回は、部活を辞めた経験がある15名の方から、辞めた後に伝えたいアドバイスを話してもらいました。

 

 

 

部活を辞めたいと言い出したら?経験者からアドバイス

子供さんが「辞めたい」と言った背景をきちんと受け止めることが大事ですね。
もう自分で考えて行動できる年齢にあるとも思います。

辞めたことがある先輩からアドバイスがこちらです。

 

部活を辞めたいと言い出した中学生へ経験者からアドバイス

お客様1

テニス部、中1、辞めた理由:意欲低下

まず、周りからの目線とかで自分のことを判断するんではなく自分が本当に心からその部活に打ち込みたいのかそして辞めてしまったらどうなるかを今一度考えてみて欲しいです。

 
 

お客様1

陸上部、中2、辞めた理由:意欲低下

学生時代は学校を中心に物事が回っているので、部活も大きな要素で、辞めるにも非常に勇気がいることですね。他にやりたいことや続けられない理由がはっきりしてれば、反対される理由はどこにもありませんので、まずは誰かに相談してみてください。

 

 

お客様1

テニス部、中3、辞めた理由:意欲低下

私の場合は、やめたい理由を正直に話しましたが、時と場合によってはそれがもとでトラブルになるかもしれなので、丸く収まる理由を考えることも必要だと思います。

 

 

お客様1

卓球部、中2、辞めた理由:健康面

学校生活という狭い空間で若干肩身が狭く感じるかもしれませんが、ただの稀有なので早々にとっぱらっちゃいましょう。今まで部活があったためできなかったことにも色々挑戦できます。部活に費やしていた時間を違う方法で自分のために使ってみてください。案外気負わなくて大丈夫ですよ。

 

 

お客様1

オーケストラ部、中3、辞めた理由:他学校活動忙しかった

部活は大切かもしれませんが、学業優先であるわけなので、嫌だなと感じたら無理せず辞めればいいと思います。

 

 

お客様1

陸上部、中3、辞めた理由:人間関係

自分が合わなくて無理だと思ったら自分が壊れる前にその環境から出る方法を考えることが大切だと思います。自分に合う環境が見つかればまたそこで居場所を作ればいいと思います。

 

 

 

部活を辞めたいと言い出した高校生へ経験者からアドバイス

 

お客様1

茶道部、高2、辞めた理由:意欲低下

伝えるときは緊張するし、話しかけるタイミングにも悩むことと思いますが、きっとわかってくれるはずです。

 

 

お客様1

バレー部、高1、辞めた理由:練習のハードさ

どうしても辞めたいときは嫌な辞めかたにならないように嘘も方便と言うので嘘を使ってでもいい形で辞めることをオススメします。

 
 

お客様1

吹奏楽部、高1、辞めた理由:習い事

自分の中で優先順位が決まっていて、部活動がそれの妨げになるのなら、一番好きなものを優先するのは当たり前のこと。部活している時間は勿体ないと私は思う。

 
 

お客様1

バレー部、高1、辞めた理由:練習のハードさ

私の場合は高校に入って1年もせず辞めました。でもこの時に出会った友達、仲間たちといまだに交流があります。辞めようか迷っているなら続けてみては?辞めるのはいつでも辞めれるので…

 
 

お客様1

ブラスバンド部、高2、辞めた理由:健康面

理由も様々だし、中々辞めると言い出しにくいと思いますが、まずは自分自身のことを第一に考えて部活を辞めて一度ゆっくり過ごしてみてください!

 

 

お客様1

美術部、高2、辞めた理由:勉強

退部を行う際に悩んでから退部を行う事をお薦めします。退部届けを出す際に辞める理由を正確に伝える事でお互いに嫌な思いをしないで済むからです。

 

 

お客様1

吹奏楽部、高2、辞めた理由:勉強

自分が無理だと思ったらその時は一つの辞めるタイミングだと思います。正直に理由を話しましょう。もし折り合いがつくようであれば続けてもいいと思いますが、何も言わずに続けるとモヤモヤを抱えたままになってあまり良くないと思います。

 
 

お客様1

吹奏楽部、高2、辞めた理由:勉強

自分が無理だと思ったらその時は一つの辞めるタイミングだと思います。正直に理由を話しましょう。もし折り合いがつくようであれば続けてもいいと思いますが、何も言わずに続けるとモヤモヤを抱えたままになってあまり良くないと思います。

 

 

お客様1

吹奏楽部、高3、辞めた理由:勉強

結構な確率で説得されたりする事があると思います。これまで一緒に頑張ってきた先生なので、情で辞めにくいですが、本当に辞めるのであれば、ほだされない事が大事です。

 
 

お客様1

吹奏楽部、高3、辞めた理由:指導者・顧問

部活をやめて多少後悔しました。楽器が好きだったので余計にです。でも、つらくて仕方がないようでしたら無理に続けると好きだったものが逆に嫌いになってしまいます。辞めるとき伝えるのは大変なことだと思いますがまずは自分の気持ちを最優先に考えるべきだと思います。

 
 
親としては無理にでも部活動を続けさせるべきか迷うところですが、実際に辞めた人のアドバイスを聞いて、本人がそれでも部活を辞めたいと言えば自己責任として意志を尊重するという決断もありだと思えますね。
 

あわせて読みたい