中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!
2018年3月5日放送に坂本花織選手 17歳が出演。

 

フィギュア坂本選手は平昌では起床4時半だった。
そこで『照射器』を目覚ましに使っていたそう。

 

フィギュア坂本・宮原選手は照射器の目覚まし時計愛用!これオススメ!


↓照射器の光目覚ましで有名なのがこれです↓



【テレビや雑誌でも話題!】光で起きる目覚まし時計 『inti4』(インティ フォー)

 

今テレビや雑誌などのメディアで、睡眠・快眠グッズがとても注目されています。
それも日本人の5人に1人が不眠で悩んでいるといわれるからでしょう。

 

スッキリ起きられる、グッスリ眠れるという人体のメカニズムには
「光」が大きくかかわっています。

 

そのメカニズムにアプローチした商品が 「光目覚まし時計」です。

 

  • 「めざましテレビ」
  • 「スッキリ!!」
  • 「この差ってなんですか?」
  • 「日経トレンディー」
  • 「GetNavi」
  • 「an・an」
  • 雑誌など800媒体以上で紹介

 

 

非常に注目されている「光目覚まし時計」です

 

フィギュア坂本花織選手が光照射器を目覚まし時計に活用

坂本花織選手 17歳

 

中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!
2018年3月5日放送に出演。

 

朝の4時半に起きるために『照射器』の光目覚まし時計を使っていたとのこと。

 

照射器の目覚まし時計とは?

 

朝日のように少しづつ明るくなっていくことで、徐々に体を目覚めさせ、体内時計を整えていく器具です。


 

実際にフィギュアの坂本香織選手が使ったのは、5倍位大きいサイズの照射器で、寝てるすぐ横に置いて、この照射器インティフォーみたいにジワジワ光がつかず、「4時半になったらぼ~~~ンって!」

wwww

 

本当の光目覚まし照射器はジワジワつきます。w

 

目から光を入れないといけなかったんで、がんばって目を開けようと思ったんですが、まぶしくてww

 

なんと!

 

同じフィギュアスケーターの宮原知子選手も、光目覚まし時計(照射器)を使っていたそうです。

 

日本人が海外製品の光目覚ましを選んではいけない理由をご存知ですか?

 

それは、日本人と欧米人の「瞳の色」に大きな違いがあるからです。
詳しく説明すると、瞳のまわりにある「虹彩」という組織のようですね。

 

「サングラス」の利用率にしても、ダントツで欧米人が多いことはおわかりかと思います。

「アイブラック」も、メジャーリーグやアメリカンフットボールを中心に使用されていますが
いずれも、太陽の光が眩しいことは言うまでもなく
欧米人は光の刺激にとても弱いのです。

 

その欧米人から開発された光目覚まし時計が
日本人である我々に通用するかどうか?

 

もちろん答えは「NO」といえます。

 

光の量が圧倒的に足りないのです。

 

日本人の黒い瞳は、光を通しづらく、欧米人よりも日光を長く見ることもできます。

 

たとえ安価に手に入るとしても、光の量が足りなければ
「光目覚まし時計」としての役割は果たせません。

 

つまり、日本で販売されている海外の光目覚まし時計や
パッケージを日本語に変えただけの欧米製の光目覚まし時計では
効果を体感するとは難しいと言えます。

 

「起きられずに困っている」「体内時計を整えたい」のであれば
迷わず「inti4」をお選びいただきたい。

 

日本人が必要とする光量はもちろんですが
光量を調節することができるのも「inti4」をおすすめる理由です。

 

お手頃な海外の光目覚まし時計にするか、inti4にするか
購入を迷っている方への決断材料となりましたら幸いです。

 

目覚まし時計は”音”から”光”の時代へ!最先端の目覚まし時計とは