スーパーナンペイ事件 真相・犯人『中村稔』現在の場所は!

2017年12月27日のテレビ番組『激動!世紀の大事件』(フジテレビ)

1995年7月30日に起こったスーパーナンペイ事件についてテレビで真相を紹介されました。

 

 

 

スーパーナンペイ事件 真相・犯人は!?

その日はセール最終日ということで賑わっていた。

3日分の売上が店にはあった。

 

アルバイトの矢吹さん。
パート従業員の稲垣さん

夕方5時に勤務開始している。
従業員は2人だけになっていた。

 

スーパー脇の公園で盆踊りがあっていた。

夜7時 アルバイトの女子高校生 前田さんも店にやってきた。

シフトの確認と友人の矢吹さんに会うためだった。

 

閉店まで約1時間となった時に稲垣さんが1個のレジを締めて事務所に入った。

事務所の鍵は開いたままだった。売上金は金庫の中に入れられた。

8:56
最後の買い物客が店を出た。

 

9:06
閉店

3人は店の外にある事務所へ行き、金庫にレジを入れた。

 

9:15
稲垣さんは友人へ電話を入れた。「終わったから迎えに来て」と

その5分後、友人の男性が店につき、稲垣さんが出てくるのを待ったが、稲垣さんはなかなか出てこない。

女性が着替えているならと事務所に呼びにはいかず、友人男性は店を離れる。

15分後、行く予定だった店のおかみさんを連れてナンペイの事務所へ行った。

 

事務所の鍵は開いたままだった。

 

すると・・・3人の遺体があった!

女子高校生の2人はお互いの手を粘着テープでつながれたいた。前田さんの手には自転車の鍵が。

 

稲垣さんは壁のもたれかかるようにしていた。

 

 

 

スーパーナンペイ事件の状況と真相は?

3人は帰り支度が済み、1度事務所を出た。
そして稲垣さんがセキュリティシステムを事務所に稼働させた。

事務所からでると!
ピストルを持った人物が来て、セキュリティシステムを解除させ、また3人は室内に戻された。

 

室内右奥のスペースに逃げた3人。

 

そして犯人は金庫へ一発発射する。

3人を威嚇した犯人は、異常行動が。

女子高生2人の手や口にはガムテープが。しかも、口のガムテープは女子高校生にさせたのだ。

 

稲垣さんはガムテープをされていなかった。

稲垣さんを壁際に追い込んだ犯人。そして射殺。

犯人の行動を読み解いたのは 東北医科薬科大学の高木教授。

 

女子高校生には膝まづかせて後ろから頭部を撃っている。

 

 

犯人の目的は金庫にあったのか??

金庫に鍵が刺さっていた。

犯人に脅された稲垣さんが金庫に鍵を刺したのだろうか。

金庫には526万円が入っていた。

 

そもそもスーパーナンペイのセキュリティには問題があった。

外の事務所に行くのは物騒だと思っていたその当時の従業員もいた。店内には防犯カメラもなかった。

被害者の稲垣さんはナンペイのセキュリティの甘さを言っていたという。

 

 

ナンペイ事件の犯人として、カナダに住む中国人強盗団がナンペイの事件を知っているということもあったが、犯人とはならなかった。

 

そんな中、ある一人の人物の指紋が浮かび上がった!!

 

 

 

 

真犯人の名前は『中村稔』(仮名)!?

ガムテープの使い始めに犯人の指紋があったのだ!

4点の指紋部分が一致。最新の調査では8点も一致したのだ。同一人物の可能性が非常に高い。

その指紋の人物は『中村稔』(仮名)

警察も捜査をしている。

中村稔の元同僚だった人も7~8年前に警察から捜査があった証言している。

 

元同僚によると、中村稔の長男が大きな事故を起して、多額の賠償金が必要だったという。保険にも入っていなかったのでその事故の賠償金が払えない状態だった。

 

一台の白い不審車両が店内を見ていたらしい!

そして型の古い白いチェイサーに乗っていた中村稔。

 

さらに中村稔の知人 小林和夫(仮名)という人物がいた。

その小林和夫はこんな話をしていた。

「何かあると元ヤクザだからピストルならすぐ用意できる」

と普段言っていたらしい。

 

今回の番組では小林和夫(仮名)に接触し取材。

事件への関与は否定。

事件の後、警察が小林さんにもよく捜査に来た。いろんな男性の写真を見せられた。

 

スーパーナンペイに使用されたのは38口径スカイヤーズ

そんな銃は知らないという小林和夫。

 

事件当日、会社の打ち上げに参加していた2人。アリバイがあったということか?

そして事件の数年後 中村稔は死亡し、犯人と断定されなかった。

 

 

 

 

犯人は稲垣さんに何らかの恨みがあったのか?

犯人の目的は?

デスクには金庫の番号があったが、物色された形跡もなかった。亡くなった3人の財布なども奪われていなかった。

 

犯人は金目的ではなかったのか!?

 

パウダータトゥが稲垣さんの額にあった。この現象は犯人が額にわずか10センチの位置から撃たれていたことを証明する。

さらに頭頂部にも撃たれていた。合計2発。

 

それが意味するものとは・・・個人的な恨みがあったのか!?

 

八王子のとあるスナックに稲垣さんが客として訪れていた店がある。

現在も営業を続けている。

忘れようにも忘れられない客だったというママ。

 

「もうすごく大変な人だった。」

「稲垣さんは気性がとても荒かった。」

「複数の男性とトラブルがあった。」

と通っていたスナックのママ達が言う。

 

スナックのママ達は、「通り魔の犯行じゃない。あのトラブルになってた男性に犯人がいるんじゃないか?」と思っていたそう。。。

 

そんな中で、とっても稲垣さんが好きだった男性がいた。

稲垣さんにつぎ込んだ男性がいたのだ。

 

事件の一年前 稲垣さんはスナックを経営していた。

坂井さん(仮名)という男性が常連だった。

稲垣さんに入れあげた坂井さんは多額の金を貢いでいた。

退職金もつぎ込んで、本当にボロボロだった坂井さん。

 

しかし、坂井さんも警察の捜査では早々に容疑から外れていった。

 

 

スーパーナンペイの現在の場所は?

東京都八王子市大和田町4丁目26

 

現在、スーパーナンペイがあった場所は、駐車場になっている。

昭和・平成の未解決事件とは?

あの事件の犯人はいったい誰なのか?

昭和・平成の時代に起きた未解決事件の現状報告と様々な犯人像から推測される“真犯人の正体”に迫る。

  • 3億円事件
  • グリコ・森永事件
  • 世田谷一家殺害事件
  • 歌舞伎町ビル火災事件
  • スーパーナンペイ事件

など有名事件を中心に100の未解決事件を徹底検証。

懸賞金情報も掲載し、各未解決事件の経緯、現状、真犯人説を総覧できる1冊がこちら。

 ↓↓↓